愛知県高校入試は「私立推薦」か「公立一般」の2択!

securedownload-(44)

「サルでもわかる愛知の入試」というカテゴリーでお送りします。

サルでもわかるぐらい簡単に愛知県の高校入試の説明をしてみたいと思います。 今日は1つ目の記事です。  

タイトルにも書きましたが、 まずは高校入試の形態についてお伝えしましょう。 愛知県の高校入試というのは受験の形態が基本的に2択です。

「私立推薦」か「公立一般」です。

略して書きましたが、ちゃんと書くと 「私立高校推薦入試」か「公立高校一般入試」ですね。この2つの選択肢で大半の生徒の進路が決まりますね。

正式に言ってみると本当は4択なんです。

「私立高校推薦入試」「私立高校一般入試」 「公立高校推薦入試」「公立高校一般入試」 の4つです。

省いた「私立一般」と「公立推薦」は 結果的にその進路になることはあるものの、 その受験形態で進路決定を目指す生徒はいません。 どういうことかと申しますと・・  

私立一般入試で進路が決まる時というのは・・・

私立一般入試で進路が決まる時というのは ・公立一般で不合格になり私立に通うことに決定 ・私立高校の推薦基準を満たすことができず仕方なく一般で受験し決定 の2パターンがほとんどでしょう。

私立高校へ最初から行きたいなら推薦をもらうべきでしょう。 中学から貰えた時点で9割9分合格決定ですから。

こんな理由から、「私立へ一般で入学を目指す」というのは ほぼ無いパターンです。  

公立推薦入試で進路が決まる時というのは・・・

公立推薦入試で進路が決まる時というのは ・中学の推薦会議と高校の推薦入試をくぐり抜けて決定 というパターンですよね。

専門学科なんかですと推薦志望生徒が例年少なくて、 中学での推薦会議が通ればほぼ100%で合格が出るところもありますが、 それでもやはり中学の推薦会議を通過する必要がありますからね。

内申あろうが、人望厚かろうが、ボランティアしてようが、 通らない時は通りませんから。

(追記→平成29年度入試から公立推薦入試は公立一般入試と同日実施となり、面接だけで勝ち抜けというパターンは消滅しました)

こんな理由から、「公立へ推薦で入学を目指す」というのはほぼ無いパターンです。さてさて、これで4つの選択肢から2つの選択肢が消えましたね。

まとめましょう。

単純に愛知県の高校入試の形式を把握するならば 「私立推薦」か「公立一般」 ということです。

2択で考えれば良いとなるとちょっとスッキリしませんか? まずはここから決めてみてください。  

次回予告 「どの時点の通知表の合計が入試に関わるのか?」 について書いてみたいと思います。  

今日はこのへんで。

それでは。  

当ブログおすすめ記事

愛知の高校の選び方~まとめ記事~
自塾の生徒や保護者に読んでほしくて、「愛知の高校の選び方」カテゴリーの記事のまとめ記事を作ってみました。現在このカテゴリーで100...
中学生の勉強法~まとめ記事~
自塾の生徒や保護者に読んでほしくて、このブログを開始したときに最初に勉強法について記事を書き溜めました。「8つのテスト勉強法」「5...

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

当塾ご興味ある方はこちらからどうぞ!

当塾の自慢は頑張った生徒たちの指導成果とその笑顔です!生徒たちは楽しく塾へ通い、定期テスト前は塾で多く勉強する…
The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする