丹羽高校入試の「内申・偏差値・当日点」目安データ

P1010001-1024x768

※この記事は2016年春受験生へ向けて書いた記事です。

こんにちは。

データ室長の澤木です。

愛知県全県模試の追跡調査をもとにしたデータをご紹介しています。一般入試・推薦入試に合格するための内申・偏差値・当日点を数値化してまとめました。

本日12校目は丹羽高校です。

一般入試データ

一般入試データ(丹羽高校編)

内申

年によって大きな変動のないキレイな分布図になっています。若干2010年~2012年はラインが高めですね。

合格目安の内申は30でしょうか。内申20台後半だと厳しい模様です。20台後半の人は、内申のハンデを覆せる実力があるか、という条件付きになりますね。

それ以下になるとそもそも受験者が少ないです。合格率も良くないですね。

偏差値

内申同様キレイな分布図です。

合格目安は偏差値50でしょう。偏差値54以上まで上げられれば合格率はほぼ100%。50以下は厳しい勝負になると思った方が良さそうです。

ただ、直近の3年間は偏差値45前後でも6、70%ほどの合格率ですね。偏差値50に満たないから諦めよう、という判断は早計です。

当日点

合格目安は当日点60点です。

2011年と2012年のレベルはもう少し高く、当日点65点は欲しいところです。ただ、ここ3年間は下がり傾向にあるため、その2年を除いて考えても大丈夫でしょう。

というわけで、最低でも当日点60点とれるように勉強することをオススメします。

推薦入試データ

推薦入試データ(丹羽高校編)

内申

推薦自体は内申30からもらえていますが、合格している人は年によってバラバラです。明確にここまで上げれば合格!という目安らしい目安はありません。

しいて言うならば、内申38以上ならば100%合格している、ことくらいです。

偏差値

これまた読めない感じです。目安はありません。

合格出来るか出来ないかだけで考えるならば、偏差値は気にしなくて構わないです。これはどこも同じ。

推薦合格率

ここ2年は合格率80%超えと入りやすくなっています。今年も続けばチャンスですね。

もらえるならもらっておきましょう。

まとめ

丹羽高校を目指す生徒は、

内申30、当日点60点が目安です。

内申は32、当日点は65点まで上げればより確実ですね。そこまで上げられれば、余裕を持って受験に臨めます。

内申が足りない人はまず内申を上げることに力を注いでください。内申が20台後半では合格は厳しいので。

以上です。

丹羽高校を受験する中学生、保護者の参考になるとうれしいです。

The following two tabs change content below.

澤木宣彦

さくら個別指導学院北名古屋校の澤木宣彦です。当ブログの入試データ室の室長を任命されて皆様に入試データをご紹介することになりました!知りたい情報等ありましたらおっしゃってください!3度の飯より飯が好きです!最近はタイ飯がアツイです!グリーンカレー、ガッパオ最高!