現役生による「愛工大名電高校」レポート~2016年・1年Rくん~

IMG_9533s

現役生による高校レポートをお送りしていきたいと思います。ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あります。

情報鮮度を明記して情報の出所を明確にして踏み込んだ内容だったり、親からしたらどうでもいい内容などをお送りしたくて作ったコーナーです。

今日お送りするのは私立の愛工大名電高校です。レポートしてくれるのはRくん。

学校名で画像検索をかけると上位にこのシリーズ記事の写真が上がってきてしまうようになったので、基本イニシャルにしましたw

先日もお願いして学校見学に行ってきた高校です。さて生徒目線ではどんな学校でしょうね。

ちょうど季節替わりの季節に写真をとったので、冬服と夏服両方写真に撮れました。女子こそ制服チェックしたかったとは思いますが、また名電に女子生徒送り出したら撮影お願いしてみますね。

Rくんは1年生なのでまだ情報薄めですが、また書き加えたいことがあったときに伝えてもらうこととします♪

では紹介します。

現役生による「愛工大名電高校」レポート

2016年5月 レポーター 愛工大名電高校Rくん

IMG_9533

IMG_9545

IMG_9546

IMG_9547

■通学手段 

徒歩20分 電車40分(最寄り駅は池下駅) 合計60分(岩倉在住岩倉駅出発換算)

■校則 

頭髪は茶髪はクラスに数人、ピアスはクラスに0人

カーディガンは指定、かばんは指定(リュックは自由)

携帯・スマホは持ち込みOK

靴下は紺のハイソ・黒タイツはOK(ルーズソックスはダメ)

スカート丈は膝下

その他

ツーブロックはダメ、月一回頭髪検査、ワックスOK、靴は指定のローファー、

指定ベストは各自で購入(紺・白)、欠席遅刻が多いと単位習得できない。

■大学受験へのサポート    

課題はたまに、量は少ない

補習は?、参加は自由(希望者のみ申し込んだら1年間絶対!)

早朝テストはない

■学校全体で大学受験の雰囲気はあるか

一部のクラスだけある

■文系と理系のクラス数と特進クラスの設置数

高2から選択。特進は1OR2クラス

■国公立大学を目指すなら

クラス順位は40人中5番までにいるべき

■この学校の良いところ

施設が充実していて環境が整っている。とても過ごしやすい。

■この学校の嫌なところ

教室や部屋がたくさんありすぎて覚えられない。教室移動が大変。昼ごはんの時間が25分しかなくて短い。

■最後に同じ高校を目指す後輩へメッセージを

部活はやる気がないとやれないよ!高校生活はめっちゃ充実してるよ!

中学校の勉強の発展など中学校の範囲をしっかり身に着けていないと出来ない問題があるからしっかり復習しておこう!

以上です。Rくん協力ありがとね!

スカート丈は先日見学に行った時に本当に膝下ぐらいになっていて驚きました。流石私立は校則を厳しくするとなったら一気にビシっと変わりますね。

5年前に見に来た時は他の名古屋市内公立高校と同じように生徒のやりたい放題で短かった印象でしたが、落ち着いてました。

岩倉や北名古屋から通うには少々時間がかかる高校ではありますが、その短所を上回る長所のある高校かなと私は思ってます。

先日見てきた見学レポも宜しければ御覧ください。

塾長による高校見学レポ「愛工大名電高校編2016」part1
愛工大名電に見学に行ってきました!以前は2009年に見学させてもらっていました。そのときは旧ブログで4回に渡ってレポートしましたね...
塾長による高校見学レポ「愛工大名電高校編2016」part2
愛工大名電の見学レポートの続きです。今回は見せていただいた新しい施設を中心に。ではいきますね。教室がある校舎から北を眺めると名古屋...
塾長による高校見学レポ「愛工大名電高校編2016」part3
お送りしてきた愛工大名電の見学レポート、今回で終わりにします。最近学校が落ち着いてきて上り調子だと渉外部長の日詰先生はおっしゃって...

ちょっと私は名電贔屓です。なので少なからず贔屓補正入ってるかもしれません(笑)是非体験入学に参加してご自分の目で確かめて来てくださいね。

名電に興味ある方の参考になると良いです。

今日はこのへんで。

それでは。

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。

最新記事 by 國立拓治 (全て見る)