「鮮やかな指導」には「地味な知識と経験の積み重ね」が必要!

IMG_1292

一昨日のことです。中3さくらが塾のタブレットを持って私のところへやってきました。

「ネットに繋がらなくて理科の動画が見れない」

おや?Wi-Fi環境整えたこの教室でこの事態は由々しき事態です。調べてみると確かにスマホもWi-Fiが切れてしまっています。

こうなったらWi-Fiルーターの電源を切って繋ぎ直すのが良かろうと、配線を外して繋ぎ直してみたらWi-Fiは復活しました。

これでメデタシメデタシと思っていたら、今度はWi-Fiではなく有線でネットが繋がってるはずのメインPCがネットに繋がりません。

マズイことになりました。うちの塾の全てのデータはオンラインストレージで繋がってますし、私の業務の大半はPC作業です。

メインPCのネットが繋がらない状態の私など、陸に打ち上げられた魚のような状態です((+_+))ナニモデキナイ

こうなってしまった原因は少し心当たりがあります。さっきWi-Fiルーターに繋がっていた4本のケーブル、繋ぎ直すのに10秒以上空けろという指示があったので外して10秒時間を空けました。

その10秒待っているうちに、どこにどのケーブルが刺さっていたか忘れちゃったんですよね~(;・∀・)

「こうだったはず」と繋ぎ直したらWi-Fi環境は復活!しかし有線環境は沈黙!となったわけです。

どうにもこうにもならないこの状況。どうしたものかと、近くにいた講師の石原先生に相談してみました。

以前Wi-Fiについて質問をしたときに二つ返事で込み入ったことを答えてくれたので、もしかしたらPC全般詳しいのかもしれません。

「石原先生、パソコンの接続とか詳しかったりしません?繋がらなくなっちゃって困ってるのですが・・・」

すると石原先生は、「あぁ、以前PC好きでしたからわかると思いますよ」と!

なんと!こんな身近にいたのです、神は(´▽`)

ここからの対処はそれはそれは鮮やかでした。

IMG_1293

「大きく分けると外の世界からここを繋ぐケーブルと、この部屋の中を繋ぐケーブルに分かれます」

「Wi-Fi環境が活きてるといいうことは、外の世界から中の世界を繋ぐケーブルは合っています」

「恐らく中のケーブルの繋ぎが不味いと思います。このケーブルはどこに繋がってますか?これはどこに?これは?」

「あぁ、ではコレとコレが逆ですね。これで繋がるんじゃないですか?」

あっという間にネットは繋がり、問題は解決されました。凄い!

結果だけ見ればとても簡単なことだったんです。ケーブルの刺すところを上下入れ替えただけです。

ただ、ここに問題があるということがわかるためには、それまでの知識や経験の積み重ねが無ければいけませんからね。

石原先生の知識とわかりやすい説明と鮮やかで速やかな解決。こんな風に塾に来てもらう家庭の力になれたら理想だなと思いましたね。

塾に初めて来てくれて面談をする場面を思い浮かべました。こんなイメージかな・・

「生活リズムも正しく、学校の授業もしっかり受けることができている、学習時間も充分ですから、学習方法にだけ問題があるんです」

「問題点は1点です。問題演習の取り組み方ですね。できなかった問題に対する対処が弱いです」

「間違えた問題には必ずチェックをつける。そして、解説を読む。読んでもわからないものには違う印をつけて人に聞いて解決する」

「そして再度解き直していって、できる問題を増やしていってください」

・・・

・・

こんな感じでしょうか。パソコンの修理と違って、指導をしてすぐに目に見える100%の成果が出ないのがもどかしいですけどね。

そこが塾の仕事の醍醐味でもありますから仕方ないですね(^^;)

来てくれた子の問題点を正確に掴むことができるように知識と経験を積み重ね、その問題点を確実に克服する指導ができるように、頑張っていかなきゃな。

石原先生の鮮やかな修理を見てそう思いました。

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

当塾ご興味ある方はこちらからどうぞ!

当塾の自慢は頑張った生徒たちの指導成果とその笑顔です!生徒たちは楽しく塾へ通い、定期テスト前は塾で多く勉強する…
The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年から当ブログを毎日更新。月間33万PV達成!愛知県下の中学生と保護者の力になれるよう毎日休まず情報発信!休日は余談を全力で発信!3度の飯より飯が好き。妄想上団体「ちりめん山椒協会」の会長も兼任。
スポンサーリンク

フォローする