キレイな業界でキレイごとを言い続けたい!

IMG_0864

10月からこの塾ブログをリニューアルしたきっかけで、北名古屋校の澤木先生のブログもスタートしました。(当ブログにもリンク貼ってます)

昨日もキレのある小気味いい記事が上がってましたね。

こんにちは。 澤木です。 以前こんな記事を書きました。 sakura394kitanagoya.hatenablog.com 「ネガティブ発言をする生徒は無視するよ。むしろポジティブな言葉をかけてあげる。」 といった内容です。しかし、毎度毎度こんな対応が出来るほど私は大人ではありませんでした(苦笑)。ネガティブ発言連発...

記事の中で澤木先生はこう書いてます。

ひどいネガティブ発言をする生徒は、詰まるところ勉強をしたくないだけなんですよね。「面倒くさいことをしたくない」の方が当てはまるかもしれません。

途中式を書く、単語を暗記する、ワークを何度も解く、などの手間をかけることで力はついていきます。これを面倒くさいと思うなら、まだ成績に対して本気で向き合えていないのでしょう。

成績を上げることより、いかに楽して課題をこなすかの方が重要なのです。楽したい人はどうぞお一人で楽をしてください。当塾では楽はさせませんよ。頑張りたい人を待っています。

あぁあぁ、小気味良く指導へのキレイな想いを炸裂させてますね(笑)

私も過去に同じような記事を書きましたし、塾のスタンスとして自然な内容なんでしょうけどね。

こんなキレイな業界は他に無いぞ!

前職の学習塾時代、大手商社から転職してきたという古瀬さん(仮名)という先輩社員がいらっしゃいました。

あるとき会社の飲み会の帰り、古瀬さんは酔っ払って若い社員の私たちに言いました。

「いいかお前ら!オレはな前職の商社時代に香港支社で頭はってたけどな、商社の世界はキレイ事だけでは済まない汚い世界だったよ。」

「だがな、この学習塾という業界はキレイな業界だ。こんなキレイな業界他には無いぞ!それをよく覚えておけ!!」

なぜそんな会話になったのか、なぜ説教調だったのか記憶にありませんが、20年も前に聞いた酔っ払った古瀬さんのセリフは今日までしっかり頭に刻まれていました。

「他の業界へ行ったことが無いけど他の業界から来た人が言うんだからそうなんだろうな」

「この業界にもキレイ汚いはあるんだろうけど、総じてキレイな業界なんだろうな」

そんな風にずっと思っていました。

キレイな業界でキレイごとを言い続けたい!

学習塾という業界はキレイな業界なんだそうです。

そんなキレイな業界で、私はキレイごとを言い続けてキレイな仕事をし続けたいです。

せっかく独立して自分で開業した塾ですから。

良い事も悪い事も全て自分に振りかかる爽やかな環境ですから。

キレイな仕事をし続けてその是非は世間に判断してもらいたいです。

生徒数の目標は作っても売上の目標は作りません。

売上目標に合わせるように生徒へ講習の提案なんてしません。

受験への不安を煽って何十万もする講習を受講させたりしません。

お金のために過剰な講座を作ったりしません。

退塾希望の生徒へ塾に残るように説得なんてしません。

やる気の全く無い生徒に居続けてもらうようなことはしません。

本来塾は必要無ければ来ないに越したことが無いところ。

当塾でしたいことは、

・助けが必要な教科を個別指導で指導をする。

・すぐに来る1人で学ぶ日のために1人で学べるように仕向けていく。

・指導を通して「前向きな心持ち」と「努力をする」ということを身につけてもらう。

これだけです。

賛同いただけるご家庭のお力になれさえすれば良いです。

幸い守るものが少ない小さな塾です。

引き続きキレイ事を言い続けて指導ができるよう頑張ります。


かぁ~。カッコつけ過ぎましたねw

いつも以上に調子に乗って書いちゃいました。

知り合いの塾の方に中には「オレの塾のことを言ってるのか!」なんて気分を害される方がいらっしゃるかもしれませんが、誰かに向けて書いた記事ではありません。

単純にカッコつけたかっただけです(苦笑)守るものが少ない小さな塾だから言えるキレイごとです。

お知り合いの塾の皆様、これからもいつも通りお付き合いお願いします(笑)

北名古屋校の澤木先生の記事を読んで思ったことを書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年から当ブログを毎日更新。月間33万PV達成!愛知県下の中学生と保護者の力になれるよう毎日休まず情報発信!休日は余談を全力で発信!3度の飯より飯が好き。妄想上団体「ちりめん山椒協会」の会長も兼任。
スポンサーリンク

フォローする