朝ごはんは無理に食べなくていいかも!

IMG_8609

幼いころから朝ごはんをちゃんと食べることが運動にも勉強にも大切であると言われて育ってきました。

このブログでも過去に何度も朝ごはんの大切さを説いてきましたね。

⇒学習力を高めるために必要な生活習慣は? という問いに対して、アンケートを取った塾人5人が 全員ぴったりと一致した解答が2つありました。 ...
先週の水曜木曜と行ってきた塾見学の旅は とても勉強になり大満足でした。 エスト個別教育の石橋先生に車を運転してもらって、 兵庫まで行...
家庭での7つの習慣その1「早寝早起き朝ごはん」
※この記事のシリーズは保護者に読んでもらって実行してほしいシリーズです。成績向上を望むならば家庭で実施してほしい習慣がいくつかあり...

しかし近年「朝ごはん無理に食べなくてもよくね?」なんて研究結果が出始めてるんですよね。

ここ最近こんな記事が出てます。

私のまわりには「朝ごはんをしっかり食べないアスリート」が意外に多い。しかも、名前は出せないが、誰でも知っているようなトップアスリートばかりだ。彼らの朝食は、思わず「そんなんでパワー出ます?」と聞きたくなるようなメニューなのだ。実践してみた。
健康的な生活習慣に関心のある人なら、どこかで「朝食は1日の食事の中でもっとも...

これは朝食についての世間の認識がこれから変わってくるかもしれませんね。

はるか昔、「運動中に水を飲むと疲れが増すから飲まないように」なんてことが真面目に信じられていた時代がありました。

私も記憶ありますよ、この説。おそらく30年近く前の話ですけど。

今や運動中のこまめな水分補給は常識になってますよね。ずっと信じていたことが研究結果によって180度ひっくり返ることがあるということです。

さて、小中学生にとっての朝食についてですが・・・

紹介した記事に出てくるアスリートたちは「青汁だけ」「ヨーグルトとフルーツだけ」「野菜ジュースだけ」「水だけ飲んで食べない」などなんかかんか口にはしているようです。

おそらく内臓を休めるべく軽めにしているということですよね。

小中学生の内臓は頑丈でしょうし、前日のご飯が胃にもたれているとかあまりないでしょう。

よって、もしもお子さんの朝にお腹が空いていたらもりもり食べさせたらいいでしょう。

逆にお腹が空いていなかったらアスリートのようにほんの少しだけ食べさせたらいいでしょう。

なんでもかんでも朝食をもりもり食べればいいわけじゃないと言う点が以前からの変化ですね。

朝食の重要度は研究結果により以前より下がってますが、「朝食は無い方がいい!」なんて意見自体はありませんのでご注意を。

飽くまで「朝食は自分の体調に合わせて食べる量とタイミングを決めよう!」ってことですよね。

体調を整えるためには朝食よりも「早寝早起き」をして睡眠時間をしっかりとることが重要であると私は思います!しっかり寝てくださいね♪

もう10年経ったら「朝食は抜くべし!」なんて意見が主流になってるかもしれませんよね。

朝食事情を見守りたいと思います。

今日はこのへんで。

それでは。

中学生と違って胃はもたれるし午前の運動量がほぼ無い私の今日の朝食は白湯です♪IMG_8609

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年から当ブログを毎日更新。月間33万PV達成!愛知県下の中学生と保護者の力になれるよう毎日休まず情報発信!休日は余談を全力で発信!3度の飯より飯が好き。妄想上団体「ちりめん山椒協会」の会長も兼任。
スポンサーリンク

フォローする