公立高校入試情報の各県公開度合いをランキングにしたよ!九州・沖縄編

DSC00662

全国各都道府県の公立高校の情報公開具合を比較してみたくて、力技で調べてみたシリーズです。

今回は第六回で最終回、九州・沖縄地方です!大都市擁する福岡がまず気になりますね。

6項目について公開度合いで「0点・0.5点・1点・2点」の4段階で点数化、12点満点で合計点を比較します。

公開無しは0点。WEB以外の手段での公開は0.5点。制限つきでWEBで公開ありは1点。制限なしでWEBで公開ありは2点です。

早速調べてみましょう。間違いあれば教えてください!では行きます!

九州・沖縄の公立入試情報公開度一覧

  問題 解答 平均 採点基準 得点分布 1問平均 合計
福岡 2 2 0 0 2 8
佐賀 0.5  0.5 0.5 0 0 0 1.5
長崎 0.5  0.5 0.5 0 0 0 1.5
大分 0.5  0.5 0.5 0 0 0 1.5
熊本 0.5  0.5 0 0 0 0 1
宮崎 0.5  0.5 2 0 2 2
鹿児島 0.5  0.5 2 0 2 2 7
沖縄 0.5  0.5 0 0.5 0 0 1.5

これは県ごとの落差が酷いですね(;・∀・)具体的に見ていきましょう!

福岡の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 2点→国社の一部非公開。

2.入試解答 2点→WEB掲載あり。

3.入試平均点 2点→WEB掲載あり。

4.採点基準表 0点→WEB掲載あり。

5.各教科得点分布 0点→WEB掲載あり。

6.1問ごとの正答率 2点→WEB掲載あり。

福岡の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計8点!

参考リンク(問題・解答)

参考リンク(1問ごとの正答率・平均点『得点率』)

佐賀の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 0点→WEB上で確認できず。

6.1問ごとの正答率 0点→WEB上で確認できず。

佐賀の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計1.5点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と解答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。佐賀県の過去問および解答を紹介。

長崎の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 0点→WEB上で確認できず。

6.1問ごとの正答率 0点→WEB上で確認できず。

長崎の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計1.5点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。長崎県の過去問および正答を紹介。

大分の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 0点→WEB上で確認できず。

6.1問ごとの正答率 0点→WEB上で確認できず。

大分の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計1.5点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。大分県の過去問および正答を紹介。

熊本の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 0点→WEB上で確認できず。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 0点→WEB上で確認できず。

6.1問ごとの正答率 0点→WEB上で確認できず。

大分の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計1点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。熊本県の過去問および正答を紹介。

宮崎の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 2点→WEB掲載あり。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 2点→WEB掲載あり。

6.1問ごとの正答率 2点→WEB掲載あり。

宮崎の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計7点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。宮崎県の過去問および正答を紹介。

参考リンク(平均点・得点分布・1問ごとの正答率)

宮崎や世界の未来を切り拓く、心豊かでたくましい宮崎の人づくりの拠点として学校や地域の力強い応援団となることを目指し、魅力と活力にあふれ、未来に大きく羽ばたく子どもたちを育む学校づくりや「学び続ける教職員」の支援に、全所を挙げて総合的に取り組みます。

鹿児島の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 2点→WEB掲載あり。

4.採点基準表 0点→WEB上で確認できず。

5.各教科得点分布 2点→WEB掲載あり。

6.1問ごとの正答率 2点→WEB掲載あり。

宮崎の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計7点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。鹿児島県の過去問および正答を紹介。

参考リンク(平均点・得点分布・1問ごとの正答率)

平成29年度鹿児島県公立高等学校入学者選抜に関する情報です。

沖縄の公立高校入試情報公開度合い

1.入試問題 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

2.入試解答 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

3.入試平均点 0点→WEB上で確認できず。

4.採点基準表 0.5点→WEB上で確認できず。問い合わせれば手に入る様子。

5.各教科得点分布 0点→WEB掲載あり。

6.1問ごとの正答率 0点→WEB上で確認できず。

沖縄の公立高校入試情報公開度合いの点数は合計1.5点!

参考リンク(外部サイトにて問題・解答)

都道府県によって出題傾向や制度が異なる公立高校入試の問題と正答を各都道府県の教育庁・教育委員会が提供する情報をもとに掲載。沖縄県の過去問および正答を紹介。

以上です。

九州最大の都市を持つ福岡がTOPでした。ここは予想通り。

宮崎と鹿児島が検討しましたね。宮崎の教育をどげんかせんといかんですからね(言いたいだけ)

それにしてもその他の県の公開度の低さたるや!(◎_◎;)1.5点以下の県が5つも(゚д゚)!

私の調べ方が甘いのかもしれませんが、グーグル1ページ目に出てこないということはもしもあっても皆の元に届いてないなと思います。

さて、これで47都道府県すべて調べ終わりました。そこそこ大変でした(´▽`)

全てを調べたからこそ見えてくる景色もありますからね。次回は47都道府県をランキング形式で並べる総まとめをお送りしますね。

誰よりも私が楽しみです(´▽`)

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

受験には学力と情報が必要!公立高校「瑞陵・桜台・一宮・名古屋西・松蔭・熱田・西春・江南・山田・天白」の最も詳しい入試データあります!

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。