イチローのメンタルを真似していこう!

IMG_8234

私は昭和49年生まれです。私前後の年代は団塊ジュニア世代と言われ、同世代の人口がとても多い世代です。

愛知県尾張地区で団塊ジュニア世代と言えば、出世頭はイチローです。イチローは愛知県豊山市出身の昭和48年生まれですからね。

愛知県尾張地区に住む私と同世代の友達を辿ればだいたいイチローとの逸話を持った人がいるものです。

私の大学時代の六鹿先輩は中学時代に野球で対戦したことがあるなんて言ってました。「大したことなかったな。へっ」なんてネタのように話してました。

六鹿先輩が話してくれたのはまだオリックスで活躍をしていた時代です。まさかここまでの人になるとは思わなかったでしょう。

今も六鹿先輩はおそらくネタとして周りの人に披露していることでしょう。「大したことなかったな。へっ」なんて(笑)

先日山口から進学塾アクシアの新山塾長が見学にいらっしゃいました。

10年ぶりの再会と新たな出会いが重なる日
「いやぁ~。タクさぁ~ん。お久しぶりでございますぅ~」予想通りのライトな感じで今ちゃんは塾にやってきました。今ちゃんは10年前に短...

お話を聞き進めると元々愛知の人だということがわかりました。

「え、豊山町出身なんですか?」

「あれ?新山塾長っておいくつなんですか?」

同世代、同地域出身、野球やってたという3点が揃うとイチローフラグが立ちます(笑)

新山塾長は豊山町出身、昭和46年生まれ(確か)、野球経験者でした。

キタ――(゚∀゚)――!!濃厚なイチロー関連野球人です!!

新山塾長は同じ時期に同じ中学で野球をしていたそうです。なんたる近さ!

野球好きでもない私でもこれは興味ありますからね。いろいろ話を聞かせてもらいました。

新山塾長もイチローとのエピソードは持ちネタなのかもしれませんね。

新山塾長と岩倉駅前きらずにてIMG_8234

ライバルは最終的に自分

さてさて、そんなイチローが本日大記録を達成したようです。

日米通算4257安打達成です。安打数でメジャーリーグ1位になったということです。メジャーリーグで1位は実質世界一でしょう。

日米通算だから正式なものではないとか議論はあるようですが、「イチロースゲーな」を表すわかりやすい数字ではありますよね。

抜かれるピートローズは「通算なんてズルいやん」なんて小物ぶりを発揮してます。ここはスタンディングオベーションで祝福しておけばいいのに(笑)

恐らくイチローはいつものごとくひょうひょうとしたものでしょうね。観客や報道陣に祝福されるのでお礼はするものの、イチローにとっては飽くまで通過点の1つでしょうね。

イチローにとってこういった分かりやすい記録というのはおまけでついてくるだけであって、そこが目的では無いんですよね。

「あの選手に勝ちたい」とか「あの記録を破りたい」とかいう次元で野球をやっているわけじゃないかと。

昔からずっと自分と向き合って、いつも高みを目指していく。その積み重ねで今のイチローという選手ができたんじゃないかと思うんですよね。

「お前イチローのなんやねん!」と突っ込まれそうな偉そうなこと書きました(笑)

偉そうに続けますが、イチローがライバルを自分に設定して努力を重ねたからここまでの高みにこれたというのは間違いないと私は思います。

記念すべき日だし、ライバル自分を感じるイチロー語録をいくつかご紹介を。

「人に勝つという価値観では野球をやっていない」

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」
注釈:日米通算4000本安打達成した時の記者会見での発言

やっぱイチローはカッコイイね。塾ブログらしく勉強に繋げようか。

中学生はね、最初は友達をライバルに設定して勉強を頑張っても良いと思うんだ。たかだか3年程度の期間だし、そんなんでも頑張れるなら丸儲けかなって思うよ。

でもね、どこかのタイミングで最終的に「ライバル自分」に設定して頑張ることが大切かなって思うよ。

周りの誰かとか周りの何かを目指して頑張ると、力がブレるよ多分。周りの何かは上下に動くだろうから。

それに仮にライバルを倒してしまったときには?大負けした時には?一喜一憂しちゃう?

イチローって一喜一憂しないよね。それはライバルが自分で、視線が常に上にあるからかなって思うんだ。

良かった時も悪かった時も心を揺らすことなく振り返り次へ繋げる。この小さな積み重ねなんだと思うんだよね。

イチローの一番有名な言葉も貼っておくよ。

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道だと思う」

なんだかいろいろ書きましたが、言いたいのは

「イチローすげーよね。真似して行こうぜ!」

「ライバル自分で一喜一憂せずに行こうぜ!」

「小さなこと積み重ねて高みを目指そうぜ!」

ってことです。

まだ記録達成後のイチローのインタビューや会見でのコメント見てません。

「記録なんかを目指してやってたらここまで昇ってきてないし」

「昨日よりより良い自分を目指して日々やってきただけっすよ」

なんてひょうひょうと語ってくれるイチローを楽しみにしたいと思います。

私もイチローの心持ちを真似して頑張ります。

今日はこのへんで。

それでは。

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年から当ブログを毎日更新。月間33万PV達成!愛知県下の中学生と保護者の力になれるよう毎日休まず情報発信!休日は余談を全力で発信!3度の飯より飯が好き。妄想上団体「ちりめん山椒協会」の会長も兼任。
スポンサーリンク

フォローする