角川の歴史漫画セットを購入したよ!

IMG_2355s

ずっと買おうかどうかと二の足を踏んでいた歴史漫画のセット、ついに思い切って購入してしまいました!

様々な会社から出版されている歴史漫画ですが、ちょっと調べてみると角川のものが評判良かったんですよね。

あれだけ二の足を踏んでいたのに、えいっとクリックをすれば次の日に届く。改めてアマゾン凄いです。IMG_2355

角川版の歴史漫画の良いところ!

角川の歴史漫画が評判が良いポイントはですね、まずサイズがコンパクトでソフトカバーです。読み慣れた漫画に近い感じで手にとることができます。

そして、歴史の一通りの流れが全15巻で描かれています。長すぎても子どもたちにはプレッシャーでしょうし、短すぎても省略される部分が多いでしょう。

この15巻が程よいように感じるんですよね。読んでませんが、皆がそんなことを言ってます。

この角川のものは「歴史の流れを捉える」ことを目指して作られているとのことで、まさに私が小中学生に歴史漫画で身につけて欲しい部分が目指されています。

良いんじゃないですか?角川版。

坪田先生はビリギャルの中で学研版を勧めてらっしゃいましたが、あれは大学受験を目指す子に基礎を叩き込むためとしてますから、巻数が多い学研版でじっくりと身に着けさせる必要があったのだと思うのです。

歴史の流れを小中学生に身につけるという目的であるならば、角川版を推したいです。そう思っての購入です。

角川版最大の良いところは内容じゃない!

さてさて、角川版の良いポイントを書いてきましたが、一番評判が良いポイントをまだご紹介していません。

一番評判が良いポイントは・・・ズバリ表紙ですね。「内容とは関係無いやん!」と侮るなかれ。

CDでも漫画でも「ジャケ買い」という言葉ありますよね。見た目がテンション上がれば中身を知らずとも買ってみようという買い方です。

角川はジャケ買いを狙ってきています。表紙でテンションを上げて、その勢いで読んでもらおうという作戦に全力で取り組んでいます。

それも恐らくですが、お金を出す親のテンションも上がるように作ってる気までしています。

角川のHPよりカバーイラストの説明をご紹介すると・・

スタジオジブリの近藤勝也をはじめ、「ケロロ軍曹」の吉崎観音、「DEATH NOTE」の小畑健など、従来の学習まんがでは考えられなかった豪華執筆陣によるカバーイラストを実現しました。

ほうほう、どれどれと実際見てみるとですね、

ケロロ軍曹の作者!絵がポップで可愛らしい!知らない漫画家であればポップすぎやしないか?と却下されそうですが、ケロロ軍曹ならGOです!IMG_2356

デスノート!!完全なるデスノート!いや、私デスノート読んでいないので、言い換えると、バクマン!完全なるバクマンです(^o^)画力が凄い。これはテンションあがる。なんなら親のテンションがあがる(^^)IMG_2357

スタジオジブリ!完全なるスタジオジブリ!近藤勝也さんを存じ上げませんが、火垂るの墓を宮崎駿が書いたよう!IMG_2358

無駄にテンションが上がってしまいました。やはり親のジャケ買い心を煽ってるかもしれませんね(^o^)

ソフトカバーなので折れ曲がりやすいとも書いてあったので、ブックカバーも併せて買いました。

ブックカバーまでかけたらまずは自分が先に読んでみて、良かったらその後は塾生にも読んでもらえるようにしますね。

これで多くの生徒たちが歴史の大きな流れを掴むことができるようになるならば・・・安い買い物だなぁ(な~んて清水の舞台からダイブ)

生徒たちの反応とか、読んだ成果を感じることあれば、また記事書いてみますね。試しに読んでみてもらいます!

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻+別巻4冊セット
KADOKAWA (2018-02-15)
売り上げランキング: 1,551

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

ツイッターでも情報発信中!良かったらこちらから!

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする