夏に向けた3つのお知らせを配付しました!

IMG_9981

今日は塾生保護者へ向けての記事になります。

小中学生の塾生には7月の授業料納入袋に3種類のお知らせを入れて配付しました。

授業の途中休憩明けに説明を加えながら配付していったのですが、情報量が多すぎて恐らく消化不良を起こしてしまっています。

ここで配付時の説明と補足を書いていきたいと思います。せっかくなんで生徒に伝えた時の様子をリアルに実況中継風にお送りしますね。

はい、聞いて。授業料の袋渡していってるけどなんだか中にいっぱい入ってるよね?この中身について説明していくね。

もうこの話を聞いたという生徒は勉強しててね。高校生も勉強しててね。

中1中2生へ向けて

まずは中1中2生へ向けてね。封筒の中には3つのお知らせが入ってます。「模試」「懇談会」「夏期講習」のお知らせね。

まず「模試」!中1中2生は自由参加です。親に言われたり、やりたかったら申し込んでね。

そして「懇談会」!中1中2生は必修じゃないし親が必要ないと言ったらまぁ良いかな。

ただ、できれば年に1度は来ていただきたいって親に伝えてね。来なくていいなんて言ってないから都合の良いように勝手なこと言わないでね(笑)

懇談会の塾からの案内は夏前と冬前の年に2回あるからね。

そして最後に「夏期講習」のお知らせ。基本的には春休みと一緒ね。夏休みは長いから5回で1セット、習っている教科を受けてもらうからね。

テスト前のテスト対策と同じように、担当の先生と相談しながら日にちは決めていくからね。

全部申し込みの締め切りは7月8日(金)ね。

よくわからなかったら電話してもらうか懇談会で相談してくださいって伝えておいてね。

中1中2生は以上。勉強進めてていいよ。

中3生へ向けて

さ、中3生、封筒に入ってるものは基本的に同じなんだけど1つ1つが中1中2生とは違うからね。説明していくね。

まず「模試」!公立高校を目指す生徒は必ず受けてください。私立高校の推薦を目指す生徒はまぁいいや。

そして「懇談会」!進路の相談があるから必ず来てほしい。原則3者でね。

志望校の相談もある場合は学校の面談前が良いかもね・通知表の結果が出てから相談したい場合は7月末で申し込んでね。

そして最後に「夏期講習」のお知らせ。中3生は受験を控えるから中1中2と一緒って訳にはいかないんだ。

IMG_9980

まず全ての中3生は個別指導の授業を10回受けてもらいます。これは1教科5回の講座を2セットです。

2教科受講している生徒はいつも習っている授業をそのまま講習で受けるということです。

1教科受講の生徒は夏だけ受講教科を1科目追加して受講するか、普段の教科を10回受講するかで選んでもらいます。

ここまでが必修分ね。ここからがプラスアルファーの講座。

基本的には公立高校を合格するチカラをつけることを考えてプラスアルファーの講座を考えて用意したよ。

公立高校を目指していて、今の自分の実力をさらに高める必要がある人は用意した全ての講座をセットで受けることをお勧めするね。

で、ここから状況に合わせて削っていく感じだ。

夏休み中の都合とか自分で進めたいというような理由で必要に応じてプラスアルファーの講座を削っていく。

都合が合わず日帰り合宿だけキャンセルするとかいう感じかな。

あとは自分で進めたいからプラスアルファーの講座は要らない、教材だけ売ってほしい。なんて講座も用意したよ。

「おお!勉強しなくていいしお金もかからないし最高じゃねーか!」なんて思うかもしれないけど、冷静に考えてな。

受験までに合格するチカラがついていなかったら意味が無いでしょ?一人で勉強するのが簡単じゃないことは知ってるでしょ?

中3の夏は1度しか無いから、ちゃんと考えて覚悟を決めて選んでね。覚悟決めて自分主体でやるならそれは応援するよ。

自分の状況に合わせてどうやって講座を受けるかを決めていこう。わからなかったり決めかねるなら懇談会で相談しよう。

不明点は電話してもらうようにも親に伝えておいてね。

以上です。

駆け足で説明したこともあり、私が作成して配布した案内の説明不足あり、早速内容について質問のお電話いただけました。

その内容もこちらに掲載しておきますね。

夏期講習内容についていただいた問い合わせ

「中3の教材セットの3冊の教材の内容は?」

→総復習ができるフォレスタステップ理科・フォレスタステップ社会という教材とフォレスタ英単語という教材の3冊です。

「中3日帰り合宿講座が参加できないときは費用はどうなりますか?」

→日帰り合宿講座は16000円、基礎特訓は6000円という内訳になります。参加できない講座料を差し引いていただきます。

「中3日帰り合宿講座の初日だけ参加ができなさそうですが・・」

→単純に費用を2等分して8000円差し引き1日だけ受講していただくこともできます。また、遅刻してでも部分的に参加したい場合はさらに半額の4000円差し引いて半日だけ受講していただくこともできます。

「中3基礎特訓は振替が出来ないと書いてありましたが・・」

→行う内容と確認テストは保管しておくので、本人が他の時間で埋め合わせて実施することが可能です。

その他不明点はお電話いただくか、懇談会時にお願いします。

地味~な更新になりましたが大切なところだったので文字に残しておきました。

今日はこのへんで。

それでは。

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年から当ブログを毎日更新。月間33万PV達成!愛知県下の中学生と保護者の力になれるよう毎日休まず情報発信!休日は余談を全力で発信!3度の飯より飯が好き。妄想上団体「ちりめん山椒協会」の会長も兼任。