ボールは繋がった!あとはアタックを決めるだけ!

IMG_7347

定期テストが終わり、成績個票が返ってきています。

ある生徒には成績個票と共に提出した学校のワークを

塾に持ってくるように指示をだしました。

その理由は、その生徒は今までに定期テスト時のワーク提出を1度も

出したことが無くて、今回がワーク提出デビュー戦だったのです。

ちゃんと学校の先生に提出をして提出の印をもらってきたか

どうかの確認をしたくて持ってくるように本人に伝えたのです。

提出デビュー戦のその生徒にはこう伝えてありました。

「いいか、先生だってお前が勉強得意じゃないことと

勉強がキライなことをよく知ってくれているはずだ」

「だから、解答に頼った赤ペンで真っ赤っ赤のワークでも提出して、

(初めて提出をした)という事実を評価してもらおう」

「お前はワークを提出したという事実だけで大進歩だ。

だから真っ赤っ赤でいいからとにかくワークを仕上げよう」

するとその生徒は文字通りフルで真っ赤のワークを仕上げてきました(苦笑)

解答依存度100%!・・仕方ありませんね。なにせ初めてのこと。

その子なりに頑張りましたが3教科しか仕上げることができませんでした。

それでもその子にしたら3教科のワークを提出したというだけで大進歩です。

あとは学校の先生の寛大な対応を期待するしかありません。

昨日のことです。その生徒が1教科だけ提出したワークを持ってきてくれました。

そこには決して高い評価ではありませんでしたが提出した評価のアルファベットと、

その先生が一言コメントを書いてくれていました。

そこに書かれていた先生からの一言とは・・・

 ^ν^  提出できましたね! 」

はる○先生ありがとう!!

良かった。フルで真っ赤のワークに対して

学校の先生の寛大な対応に嬉しくなりました。

生徒に合わせた指導と声掛けまでしてもらえて最高でした。

その言葉を添えたページを見てみると最初に大きくバツを

書いたような跡があり、それを二重線で消した横に評価のアルファベットが。

そしてその横にこの一言が書かれていたんですよね。

この経緯の勝手な想像をすると、

「なんて手抜きなワークだ。記入してないところもあるし。こんなの再提出だ・・・ん?

あぁ、□□のワークか。今回初めて提出してくれたんだな。んー・・大目に見るか!」

ってな感じかなと。

バレーボールに例えるならば、

私がレシーブで拾ったボールに対しては○お先生が素晴らしいトスを上げてくれました。

その先生からしたら普通にいつもの対応をしているだけなのかもしれませんが、

私が勝手にドラマチックに思い込んでます(笑)

ボールが繋がりました。素晴らしいトスが上がったならば・・・

あとは生徒本人にアタックを決めさせるだけですね。

○るお先生、素晴らしいトスありがとうございました。

次のテストで本人に素晴らしいアタック打たせて決めさせますんで、

見事成果を出した時には内申の評価の方どうかお願いします!(笑)

ちなみに伏せ時の○の場所がズレてるのはわざとです(笑)

昨日はおかげでプレミアムモルツが美味しかったです。

さ、次のテストこそはワーク提出もテストも5科しっかり頑張らせます!

今日はこのへんで。

それでは。

今回のテストの成績UPの掲示を澤木先生が貼ってくれました!要チェック!

IMG_7347

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。