最近買って良かった本を3冊ご紹介(2017年4月)

IMG_1286

OFFです。余談を。

今月読んでみて良かった本を3冊ご紹介しようかと思って書いてます。

ちょっと楽しようかと手抜き記事です(苦笑)

でもご紹介する本は本当に良かった本たちですからね。

では早速ご紹介を。

サンデー毎日で旭丘高校の浪人率を知り驚愕する!

厳密には本では無いですけどね(^^;)この週刊誌が教材売り場に置いてありました。それもそのはず、名物の大学合格実績の特集が掲載されているからですね。
IMG_1253

今回驚いたのは旭丘高校の生徒たちの浪人率です。旭丘は愛知県TOPの偏差値を誇る公立高校です。今春の早稲田の合格数の横にそのうち現役が何人かという数字が掲載されていたのです。

今春の早稲田の合格者数が71名、そのうち現役の生徒は・・・・・・たった18名!!!

現役率は25%!10名以上早稲田に合格を出す高校でここまで現役率が低い高校を探したのですが全国を見ても見当たりませんでした(+_+)

旭丘の浪人率は高いとは聞いてましたが、もしかしたら全国的に見ても高いのかもしれませんね。

これはもう少し掘り下げて調べたいですね。

サンデー毎日 2017年04月16日号 [雑誌]
毎日新聞出版 (2017-04-04)

話題のうんこ漢字ドリルは小学生男子にやらせたい!

こんなドリルが6学年分出版されるだなんて平和な世の中で良いなと。

このドリルが出版されるまでに重ねられた大人たちの会議を覗きたいなと思いました(^^)IMG_1285

先日小5の男の子が入塾してきたので、プレゼントしてやってもらおうと買ってみました。どれどれ。

これだ。これだわ。小6女子にはため息をつかれそうなバカバカしさ。このドリルでいつまでもゲラゲラ笑い転げる小学生男子でいて欲しいな。IMG_1288

小5の生徒にため息をつかれたら自分でやるかな(;・∀・)小学生男子限定でおススメです。

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学5年生
文響社(編集)
文響社
売り上げランキング: 34

ここ最近のベスト勉強法本は坂本先生の著書!

昨日は何冊か勉強法に関する本を買いました。気になった勉強法本を4冊ほど。ついでにオリラジあっちゃんの大合格も(笑)

大合格 参考書じゃなくオレに聞け!
中田 敦彦
KADOKAWA (2017-04-08)
売り上げランキング: 7

これら買ってきた勉強本をざっと目を通しました。その中で一番読みやすくて勉強になったのは、坂本七郎先生の「中間・期末テストに強くなる勉強法」という本でした。IMG_1286

坂本先生の以前の著書「ユダヤ式学習法」もとても良くて勉強になったので、塾の棚に並んでます。

ユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びる
坂本 七郎
大和出版
売り上げランキング: 34,938

買うときに著者を見て期待をしました。「あ、ユダヤ式書いた先生の著書だ。これは買いだな」なんて。

私の勘は当たったようです。今回の著書も素晴らしかったです。

勉強法の本って、著者の先生の熱い想いが熱すぎて、内容が細かすぎたり深すぎたりすることあるんですよね。

「このタイトルのこの本を手に取ったご家庭にはちょっと実行が難しくないかな?」なんてことがあるんです。

坂本先生のこの本はそのあたりが調整してあって、シンプルに、まとまってて、内容の深さも均一でした。

その上、即実行できそうな、私もパクれそうなシンプルな学習法が書いてあったりでとても勉強になりました。

家庭学習コンサルタントというのが坂本先生の肩書に書いてありました。確かに家庭学習で学力を上げることを主眼に書いてありました。

塾に通っている家庭も参考になると思います。ご興味あれば読んでみてください。ユダヤ式もおススメですよ~。

志望校のランクが上がる!  中間・期末テストに強くなる勉強法
坂本七郎
大和出版
売り上げランキング: 3,391

以上です。

いいですね、本の紹介記事って。またOFFの更新内容に困ったらご紹介してみますね。今度は勉強に関係ない本も(^^)

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

当塾ご興味ある方はこちらからどうぞ!

当塾の自慢は頑張った生徒たちの指導成果とその笑顔です!生徒たちは楽しく塾へ通い、定期テスト前は塾で多く勉強する…
The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする