「塾へ行かずに勉強させる」を実行したいご家庭へ

IMG_9991

※追記2017年3月10日を持ちまして応募者多数あり定員を超えましたので相談募集を停止いたします。また募集する際には告知いたします。

昨日は問い合わせがありました。久々に学習相談依頼の電話でしたね。

塾外生に対しても学習相談をしてみようと思い付き、有料で学習相談・進路相談を昨年から始めています。

WoWme(ワオミー)で高校入試を目指すご家庭へ「進路・学習相談」を始めました!
昨日のことです。教室が慌ただしくなる時間帯に塾の電話がなりました。「ブログを読んで電話しているんですが、犬山に住む●●と申します。...

今日までに5家族の塾外生の学習相談を行ってきました。遠くは中華人民共和国にお住いのご家庭から近くは小牧にお住いのご家庭まで。

様々なご家庭のご相談に乗ってきましたね。

昨日の問い合わせは県内のほど近い所にお住いのご家庭でした。当ブログをご覧いただいているようで、思い切って申し込んでいただいたようです。

公文だけに通っていてらっしゃるご家庭で、可能ならばこの学習環境のまま高校入試を乗り切りたいが不安だったのでうちで相談してみることにしたそうです。

塾など通わなくて済むものならば通わないに越したことない。皆そう思ってらっしゃると思います。歯医者と同じ感覚かと。

その想いに沿ってシンプルな学習環境で高校受験を目指してみる。いいですね。理想だと思います。

公文も塾やないか!という意見もあるかもしれませんが、あれほどシンプルで安価な学習機関は塾というくくりから外してもいいかなと。私の中では進研ゼミと同じくくりです。

遠足のおやつにバナナは入るか問題に似てますかね(笑)公文は塾に入りませんということにしておきます(´▽`)

学習塾って全国に5万件近くあります。これだけの塾があるのは家で勉強をすることが難しいということを物語ってます。

下剋上受験の父親ももう一度私立中受験をさせるならば次は中学受験専門塾へ通わせるなんて書いてましたし。

日本最難関の私立中の受験をするには塾へ通うのがベストであると思いますが、こと公立高校受験であるならば、中学校で学ぶ内容から大きく逸脱することがありませんので家庭での勉強で突破可能です。

塾へ行かずに勉強するにはコツがあります。あと必要な資質も。大きく3つでしょうか。

塾へ行かずに勉強を目指すご家庭へ向けて書いてみますね。

1.塾へ行かずに勉強するには国語力が必要

最重要です。国語力は独学に必要な力です。中学に入った時点で国語の力が弱かったら家庭学習での勉強は難航を極めます。

塾に通わないということは、知識の入口は学校の先生の授業と教科書のみです。この2つから知識を吸収するのに国語力がものを言います。

学校の授業で学んだことを100として80以上持ち帰ることが出来ない子は独学に向かないですね。

また、教科書に書いてあることを100として読んで80以上理解出来ないならばこれも独学に向かないです。

いかに先生の授業と教科書から知識を吸い取ることができるか。ここで決まります。もしも80以上吸い取ることができるならば、残り20は学校の先生や友達に質問する程度で充分消化できますからね。

独学に向くかどうか、お子さんの国語力を確認してください。

ただ国語力の厄介な所は生まれてきて中学までで育まれた力だというところと、国語力の大きさを確認しづらいところですね。

わかりやすく見るならば国語のテストの読解ができているかで判断してみてもいいですね。

書いてある内容を文字から吸収できるかです。

2.塾へ行かずに勉強するには家族の協力が必要

「あんたは勉強してなさい。お母さんはアメトーク見てるから」

リビングで勉強をする子の横でアメトークで爆笑しているような家庭は独学は無理です。

勉強するための場所を家にするならばそれだけ家族の協力が必要でしょう。

まずは生活リズムを整えて食生活も整える必要があります。(これは塾に通っていても一緒ですけどね)

日付前に寝かせてください。3食食べさせてください。ファーストフードやインスタント食品は最小限にしてあげてください。

勉強するときに持てる力を最大限出せるようにするための最初にすべき家族の協力です。

次に家庭内の学習環境を整え学習時間帯を決めましょう。

リビングで勉強させるならばテレビは消しましょう。部屋で勉強させるならばスマホやゲームはリビングに置きましょう。誘惑と戦わぬよう環境を作るのです。

そして勉強する時間帯を決めておくと良いですね。生活にリズムが出ます。歯磨きやお風呂レベルで生活の一部に組み込むのです。

テレビを消したりして協力する家族もやりやすいでしょう。

3.塾へ行かずに勉強するには情報収集が必要

インターネットの普及で今や情報は巷に溢れています。学習情報や進学情報もしかりです。

あとは玉石混交の情報の波をどう渡っていくかが重要になってきますけどね。

必要な情報の8割9割はネットから集めることができるでしょう。下剋上受験の父親もネットオークションで教材を落札してましたし。

あとの1割は学校の担任の先生に補ってもらうことができれば良さそうですね。

上手くネットから情報を集めて家庭学習に活かしてあげてください。

以上3つです。

塾外生への進路相談を先着5名で実施します!

そうそう、情報を収集するといえば、当塾で塾外生向けに学習相談行ってますよ(そうそうとか言ってみるw)

80分の学習相談で学習相談と進路相談を行います。相談後も高校入試が終わるまではメールでの相談が可能です。

現にあま市のご家庭とは面談後から今も頻繁にメールで相談を受けてます。

私立の受験校の相談だったり、学校の先生にこんなことを言われたとか、様々な相談です。

相談料は5,000円です。5,000円で高校入試当日までプロの学習・進路相談相手を雇いませんか?

塾生への指導に支障が出ぬように今年(2017年)は先着5名とします。今度受験生になる新中3生や新中1中2生へおススメです。

※3月10日現在応募者数が定員となりましたので募集を停止します。また募集再開する際には告知いたします。お申込みありがとうございました。

他塾に通われているご家庭も大歓迎です。地元の方も大歓迎です。気兼ねなくどなたもどうぞ。

お申し込みはこちらのフォームから。学年と名前と相談内容をお書きいただき送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

相談したい内容をお書きください

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

お電話(0587-37-5825)やこちらからでも申込可能です!

今日は塾へ行かずに勉強させたい家庭へのアドバイスと学習相談のご案内でお送りしました(´▽`)

今日はこのへんで。

それでは。

知り合いの先生が本出してます。憧れますね~。こういう書籍も味方につけるといいですね♪IMG_9991

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする