LCCのような安価でシンプルな塾はどうでしょう?

IMG_7688

夏期講習生募集中!

折込広告はこちら→夏期講習広告2016夏 夏期講習広告2016夏裏

講習詳細はこちら↓(内部生向け)

夏に向けた3つのお知らせを配付しました!
今日は塾生保護者へ向けての記事になります。小中学生の塾生には7月の授業料納入袋に3種類のお知らせを入れて配付しました。授業の途中休...

ローコストキャリアと言われる格安航空会社が出来てから空の旅が一変しましたよね。グッと世界が近くなりました。

ジェットスターとかエアアジアとかですね。愛知県民はフジドリームエアラインも身近なLCCですよね。

「目的地につけば良くね?飲み物とか食事とかいらなくね?荷物もそんなに持ってかなくね?」

「全部そぎ落として値段を安くした方が良いなぁって人たくさんいるんじゃね?」ってなものでしょう。

その目論見は当たりました。私も頻繁に利用させてもらってます。素敵なサービスです。

こんなLCCのような塾があったらどうかなぁ?なんて最近思います。余計なものを全てそぎ落とした塾です。

日本の総中流社会が終わりを告げようとしています。デリケートなところ言葉選ばず書きますと、現在世にある大手学習塾でかかるような大きな費用は払えないなんてご家庭がこれから多くなってくるのではないかと。

世にある大半の学習塾は旅行に例えるとパック旅行のようなものかなって思います。各生徒のニーズは細分化されているのに、塾生全員が寄りたくない土産物屋に連れていかれたりします(笑)

「トータルで面倒見ますよ」ということで余計なものまでセットになっちゃってるんですよね。

そこで本当に必要なものだけを残してそぎ落としたLCC学習塾の登場です。その分価格も安価になります。

塾名は例えばLCCのエアアジアに習って「塾アジア」とか「個別アジア」にしましょうか(笑)ちょっと妄想ふくらましていきましょうか。

残すべきは「成績UP」「楽しい雰囲気」のみ

塾のサービスを削ぎ落していきますが、まずは残すべきもの。格安航空会社でいう「目的地まで運ぶ」ですね。付随して「荷物も運ぶ」でしょうか。

塾で言うとメインは「成績を上げる」です。あとは付随して「楽しい雰囲気」ですね。どちらが難しいかというと付随する後者ですけどね。

成績を上げることに特化して、その他の塾で行われるものを大胆にカットしていきましょう。

保護者面談カット→別料金で希望者のみにする。

電話機カット→指導中に電話が鳴らぬようスマホのLINEのみでの連絡に変える。

コピー機カット→家庭用の機械かパソコンのプリンターで代用。

夏期講習カット→通常授業の枠で実施。希望者に別料金で申し込んでもらう。

入試対策カット→通常授業の枠で実施。希望者に別料金で申し込んでもらう。

振替授業カット→LCCと同じく振替をしないことに。

断腸の思いでカットしていきます。振替授業も成績アップにはマイナスに働きますからね。

「成績UP」を目指す上でどう人件費を抑えるか

個別指導塾で一番費用がかかるのは人件費です。人間に直接指導をうけるわけですから。

学校では40人に一人の先生という割合だったのに、塾では2人に1人の先生という割合です。

どう頑張ってもここの費用は免れることができません。さぁ、ここの費用をどう抑えていくか・・・案は2つ。

1つ目は一人の先生で教える生徒数を増やすという作戦。

2つ目は映像授業を見せて指導するという作戦。

基本はこの2つですね。価格が安い個別指導塾は先生一人に生徒が何名かを明記していません。

授業料を抑えるために一人の先生で見る生徒数が多くなってるパターンです。多くなれば多くなるほど授業料は抑えられますが果たしてちゃんと成績を上げてあげることができるのか?

授業料を抑えるという面で言うと映像授業を利用するのが強そうです。ただ、教室に人気(ひとけ)が無くなって教室の楽しい雰囲気を作っていくのが大変そうです。

勉強など基本好きではない中学生が、ドンヨリした雰囲気の塾に来て勉強などしたくないでしょう。

ここですよね。「成績UP」と「楽しい雰囲気」を大事にしながら価格を落とすって難しいです。

稀に塾長の若さと勢いに任せた「成績UP」と「楽しい雰囲気」と「安い授業料」がビシッと揃ったお宝塾があります。

しかし飽くまでそれは塾長の若気の至りで成り立っている塾で、塾長が家庭を持ったり体力が衰えたりしてきたときに勢いは止まります。

来てもらう家庭にとっては最高ですが、夢中になった塾長が指導時間をかけまくって、塾長の収入も最小限でなりなっているだけです。

採算度外視で豪華な内装と豪華な料理をふるまう金持ちの道楽蕎麦屋と同じレベルです。塾も家庭も最高な塾を作るのは本当に難しいです。

ここは折衷案で映像授業を中心にしながらサポートの先生を8人に1人ぐらいの割合で配置してみましょうか。(妄想上ですよw)

さて、これでとても安価に授業料を設置できましたが、あとは教室の広さ問題です。安価であるならば生徒に多く来てもらわなくては塾長の生活が成り立ちません。

多くの生徒に来てほしいからと大きな教室を作ってしまうと今度は家賃がかさみます。だからといって狭い教室では多くの生徒に来てもらえません。むむむ。

映像授業中心なら家で見てやってきてもらうことも併用できるか?

場所は生涯学習センターのような場所を定期的に確保してやるとか?

・・・

・・

「LCCのように安価に成績が上がる楽しい塾」を家庭にも塾長にもしわ寄せがいかぬように作るのは、やはりなかなか難しいですね。

安かろう悪かろうでは意味が無いですから、良い形が作れるように妄想を続けたいと思います。

いつかその妄想が形になったなら、さくら個別に取り入れていくか、別ブランドでやってみたいですね。

より多くの人の力になれるよう妄想続けます♪

今日は私の妄想にお付き合いいただきました。


明日は岩倉と北名古屋で夏期講習折込広告入ります。

全域ではありませんので、折り込まれなかった地域の方のために広告のPDF貼っておきますね。

夏期講習広告2016夏

夏期講習広告2016夏裏

今日はこのへんで。

それでは。

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする