高蔵高校の塾向け説明会2016へ行ってきた!

img_9586s

久々に高蔵高校の塾向け説明会に行って来ました。毎年担当の先生が塾まで来てくれて詳しく話してくれるのでサボっていたのですが、久々に行ってみることに。

栄にある名古屋ガーデンパレスが会場でした。会場座席数108、推測出席者数70名~80名での開催でしたね。(開始20分前↓)img_9582s

やはりこういった説明会でしか聞くことができない情報もありますね。参加してよかったです。

参加してみて感じたこといくつかここでおすそ分けしておきます。

瑞穂区に移転して名古屋市外の生徒が通いにくくなった!

まずは高蔵高校についてですが、元々は女子校の商業高校で110年の歴史がある高校です。平成14年に共学化し、平成18年に熱田区から瑞穂区へ移転した学校です。

移転前は熱田のイオンの隣ぐらいにあって、金山か神宮前から徒歩圏内でしたね。他の市町村からも通いやすい高校でした。

それが瑞穂区に移って他の市町村からグッと通いにくくなってしまいましたね。移転前は名鉄犬山線沿線からも多く通っていた印象ですが、めっきり電車内で高蔵の制服を見かけなくなりました。img_9591

立地からしても名古屋市内の中学生たちが主に受験する高校になりましたね。それが証拠に今日の説明会の受付の先生の開口一番の台詞がこちら。

「(塾は)何区でしょうか?」

すでに名古屋市内限定の聞き方です(苦笑)名古屋市内にある名古屋市民のための高校という面の強さを端的に表していた一言でしたね。

名鉄犬山線から高蔵高校に通うには大きな理由が必要!

そんな背景あり、岩倉・北名古屋から通うにはその理由がいります。少々通いにくい立地の高蔵に行くなにか大きめの理由です。

理由の候補を挙げてみます。大きく2つです。

1.高蔵で強くて盛んな部活動をやりたいから!

サッカー、陸上、野球、卓球など強豪と呼ばれる部活が数多くあります。文武両道でやれるようにと、特進クラスでも部活に参加できて特進の3分の1の生徒が最後まで部活をやるそうです。

強すぎて普通に入部できない部活もあるようなので要確認ですが、この理由が岩倉・北名古屋から通う大きな理由となりそうです。

実際、昨年当塾から送り出した生徒はサッカーの推薦で高蔵に進学しましたね。

2.110年の伝統がある商業科に通いたいから!(就職も有利)

東邦の商業科が無くなって、商業科のライバルはいなくなったと以前高蔵の佐藤先生がおっしゃっていました(笑)

名城の総合学科のように名前を変えて隠れたライバルはいますが、現存する商業科としては県内私学TOPじゃないかともおっしゃってました。

日商簿記の2級取得率が5割、求人倍率も10倍あるようです。この数字は2つともとても凄いと思います。

日商簿記の2級って本当に難しいですよ。定期テストに換算すると5科目430点ぐらいの難しさかと(笑)

今日説明してくれた先生がおっしゃる表現をそのまま使うと、高蔵の商業科は「出口が大きく違う」ということでしょうね。

入る時の偏差値とか学ぶ内容は他の公立商業科と一緒でも、卒業するころに手にする資格の数とレベル、就職先の多さが大きく違うということなのでしょう。

高蔵の商業科はお勧めですね。女子限定ですけどね。img_9588

私はこの2点が理由になるのではないかと思っています。私の思う高蔵の売りですね。

以上総合するとですね、一番高蔵高校にフィットする生徒はですね、

「盛んな部活動も頑張り、華やかな高校生活を送りたい商業科志望の女の子」

じゃないでしょうか。これが高蔵の最もイイトコどりかと。ここまで理由が重なると岩倉からも通う価値ありまくりです。

高蔵も名古屋市内の高校ですから学校行事とかは華やかです。ただ、華やかな高校生活を送りたいというなら他の名古屋市内の公立校や私立校もたくさんありますからね。

同様に、勉強を頑張りたいっていうなら地元の公立高校で事足ります。

こういった面も踏まえて「◯◯だから高蔵高校にした!」という大きな理由が見つかれば、是非高蔵高校を検討してみてください。

立地の不利に邪魔されてなかなか岩倉から送り出せませんが私は良い学校だと思います!

入試形式が公立入試にソックリで私立入試対策が要らない!

さて、オマケのように書いておきます。高蔵の一般入試の問題がですね、愛知県公立高校入試にそっくりに作ってあります。

ということはですよ、高蔵の入試の前に高蔵向けの入試対策の勉強をしなくて良いということです。

これ地味に良いなと私は思っています。私立は学校によってはクセが凄くて変に難しい問題出してくるところありますからね。

私立過去問を2000円以上出して買って、その対策として入試問題を解いたり、難しすぎて入試が不安になったり、余計なパワーを滑り止め入試に使わされます(少々失礼)

高蔵であれば過去問買わなくていいし、普通に公立向けの勉強してればいいし、私学に対して問題の難しさで不安になったりしないし、余計なパワーを使いません。

オマケに高蔵は転科合格まで出してもらえますから、私立入試に力を割きたくない家庭は高蔵一本とかでもいいのかなと思ったり。(特進から進学と進学から商業への転科合格があります。商業科は女子のみですが)

滑り止め校としても優れています。名古屋市内のご家庭は参考にしてみてください。

また後日担当の先生が塾に足を運んでくれるそうです。またその時にさらなる情報を手に入れることが出来たらば、またここで情報のおすそ分けしますね♪

今日はこのへんで。

それでは。

当ブログ関連記事

商業高校はどうやって選ぶの?商業高校の実力のチェックポイントをご紹介!
高蔵高校の渉外担当である佐藤先生が当塾にいらっしゃってくれました。高蔵高校へは立地の問題もあり、名城・大成の2枚ブロックもあり、ほ...
今日は高蔵高校の学校説明会へ行ってきました。 昔から金山から徒歩15分という...
高蔵高校の学校説明会レポートの続きです。 高蔵高校についてまず少し書いて...
今年も私立高蔵高校の佐藤先生が 塾にいらっしゃってくれました。 (昨年お越しいただいた時のブログ記事はこちら) 今年の高蔵高校の状況...
先日高蔵高校の佐藤先生がいらっしゃいました。 毎年高校の説明にいらしてくれます。 商業科の生徒が作った商業科案内がとても良い出来であったので、...
The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。

最新記事 by 國立拓治 (全て見る)