宿題はいつやるのが一番良いか?~その2ウォータールー大学の研究結果編~

名称未設定-2

塾の宿題は出されてからどれぐらい日にちが経ったときにやるのが効果的だろうか?という話を昨日からしています。

とても有名なエビングハウスの忘却曲線を踏まえて今までは3日以内にやるようになんて指示してきました。

しかし私の言うこの数字、「まぁ早いほうがいいよね。3日以内ぐらいがいいかな」というざっくりした私個人の意見なんですよね。

もっと具体的に、ベストなタイミング知りたいなとネットで調べてみることに。検索でかかった良さそうな記事を見つけました。

こちら

エビングハウスの忘却曲線は、今得た知識をいつどれくらい脳が記憶できているかを計ることができます。そして、これを知ることで、最適な復習のタイミングを・・・

この記事に貼ってあったリンクがこちら

The Curve of Forgetting describes how we retain or get rid of information that we take in. It's based on a one-hour lecture.

ほうほう。このウォータールー大学の研究結果、具体的に書いてくれていますね。ありがたいです。

大学のHPからこの曲線の画像もお借りしてきました。

curve_0-500x231

1日以内に10分の復習で全て思い出す。

7日以内に5分の復習で全て思い出す。

30日以内に2分~4分の復習で全て思い出す。

とのこと。

なるほど。この曲線の発表がいつだったのか知りませんが、この研究結果を元にしたような

DWMシステムなんて呼ばれるものだったり、スペースドリハーサル法なんて呼ばれる暗記法もありますね。

覚えたことは,翌日には70%も忘れてしまうといわれる。記憶定着に重要なのは,復習するタイミングである。本書では翌日・1週間後・1か月後と,最も良いタイミングでくり返し復習できる勉強法を採用。暗記カードつきで要点が確実に身につく。
Related posts 復習の理論 Theory of Rehearsal 勉強戦略~エビングハウスの忘却曲線~ 勉強法・勉強戦略 3・3システム 3・3 System 遅延評価勉強法 Delayed Evaluat…続きを読む ›

どの方法も要は、1日後、7日後、30日後、と感覚を広げていきながら復習をすることで覚えたことを定着させようというものです。

この大学の研究結果に沿ってますよね。

さてさて、このウォータールー大学の研究結果や、DWMシステム、スペースドリハーサル法の言うことを合わせると・・

塾の宿題をやるべきベストタイミングは宿題が出た日の1日後!

ですね。24時間以内とのことなんで半日後とかでもいいかもしれませんが、塾の最後の時間帯で授業をする子もいるでしょうから、1日後としておきますね。

1日後に宿題に取り組むことができれば、次の授業はちょうど7日後。

いいじゃないですか。1日後に塾の宿題をやるということさえブレずに守れば、次の7日後というのは自動的に塾で勉強することになってます。

あとは30日以内に定期テスト勉強として再度取り組むことができれば書いてある通りです。

塾の宿題に取り組むべきベストタイミングは決定しました。

フォントの大きさをさらに大きくして再度お伝えします!

塾の宿題をやるべきベストタイミングは宿題が出た日の1日後!

異論は認めます。私に智慧を授けてください\(^o^)/お願いします!

正確に紹介した方法通り実践できればもっと良いとは思うのですが、この方法が世に広まっていないというのは実行に手間がかかるからですよね。

いくら亜麻仁油が身体に良いとわかっていても値段高すぎて買えないのと一緒です(;・∀・)

肝になる「1日後の復習」だけにピントを合わせてやらせていきたいですね。

この1日後の復習ですら実行させるのは難しいですからね~。

塾の宿題はいつやればいいか?について考えたことについて書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする