北高校入試の「内申・偏差値・当日点」目安データ

P1010001-1024x768

※この記事は2016年春受験生へ向けて書いた記事です。

こんにちは。

データ室長の澤木です。

愛知県全県模試の追跡調査をもとにしたデータをご紹介しています。一般入試・推薦入試に合格するための内申・偏差値・当日点を数値化してまとめました。

本日10校目は北高校です。

一般入試データ

一般入試データ(北高校編)

内申

キレイな分布図です。8年間の合格者平均は30前後と大きなブレなく安定していますね。

合格目安は内申30です。内申30以上あれば概ね合格率80%を越えています。データ的に内申35まで伸ばせばほぼ100%受かるでしょう。

これ以上落としては行けないラインは内申25ですね。内申25に満たない中学生は合格率0%ではありませんが、望み薄です。内申を上げましょう。

偏差値

内申同様キレイな分布図です。偏差値50が目安でしょう。56以上ならほぼ100%受かりすね。

偏差値40台後半でも、まだ合格率70%はあるので、当日点次第ではなんとかなります。しかし、42以下の人は厳しいです。最低でも偏差値45は欲しいところですね。

当日点

内申と偏差値は8年間でほぼ変わっていませんが、当日点の合格目安ラインは徐々に下がってきていますね。

2008年は当日点61点が目安でしたが、2015年は57点にまで下がっています。この4点というのは意外と大きな差ですよ。

推薦入試データ

推薦入試データ(北高校編)

内申

幅広い層が受験していて、合格率はほぼ100%です。推薦をもらえればほぼ合格ですね。

内申29でもらえている人がいますが、皆がそうではないでしょう。内申31~35くらいまでが割合的に多そうです。推薦をもらいたいならば内申30以上は欲しいですね。

偏差値

平均偏差値は一般入試とほぼ同じです。同じくらいの力の人が集まるようです。

偏差値44~60までとその幅は広いですよ。合格するかだけ見るならば偏差値を意識する必要は無いですが、合格してから苦労したくないなら、たくさん勉強してください。合格者平均が50前後なので、偏差値55あたりまで伸ばせば入学後でも半分より上にいられるはずです。

推薦合格率

高いですね。ここ3年はほぼ100%です。まず希望者が少ないですねえ。

内申が30以上あるならば先生に打診してみましょう。

まとめ

北高校を目指す生徒は、

内申30、当日点60点が目安です。

内申に余裕(内申35前後)があれば、当日点は55点を目安としてOKでしょう。内申が足りていない(内申20台後半)ならば、当日点は65点を目指してもらいたいですね。

どうしても北高校に行きたいんや!でも、実力が足りていない…という人は内申30集めて推薦をもらいましょう。生徒会や部長やボランティア活動などやっておくと有利です。

以上です。

北名古屋高校を受験する中学生、保護者の参考になるとうれしいです。

The following two tabs change content below.

澤木宣彦

さくら個別指導学院北名古屋校の澤木宣彦です。当ブログの入試データ室の室長を任命されて皆様に入試データをご紹介することになりました!知りたい情報等ありましたらおっしゃってください!3度の飯より飯が好きです!最近はタイ飯がアツイです!グリーンカレー、ガッパオ最高!