現役生による「時習館高校」レポート~2022年・高校1年Hさん~

現役生による高校レポートをお送りしていきたいと思います。

ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あります。

情報鮮度を明記して情報の出所を明確にして踏み込んだ内容だったり、親からしたらどうでもいい内容などをお送りしたくて作ったコーナーです。

今日お送りするのは公立の時習館高校です。レポートしてくれるのは1年のHさん。

私の本を参考にして高校受験を突破したという豊橋のご家庭から、昨年の春先にお礼のメールをいただいていたんです。

その際に高校レポを書いていただけるという話だったので、学校行事が一通り終えた頃にお願いします!としていたんですよね。

國立先生 明けましておめでとうございます。 豊橋市の、Hと申します。

「中学勉強法」の本プレゼントに応募して本を頂きました。 中3の9月頃だったかと思います。二学期からの取り組み方を中心に、本を活用させて貰いました。 ありがとうございました。

その後無事に合格し、高校レポートを冬に出させて貰うお約束をしておりました。 豊橋市の、時習館高校です。 娘の写真ですが、制服の組章は外してあります。 こんな写真で宜しいでしょうか?

忘れた頃に高校レポをいただけました。ありがたい。三河の雄、時習館高校。地域TOP校です。

では早速!

現役生による「時習館高校」レポート

2022年1月 レポーター 時習館高校1年のHさん

■通学手段   

自転車で20分(自宅出発)

■校則 

頭髪は茶髪はクラスに0人、 ピアスはクラスに0人 かばんは自由 携帯・スマホは持ち込み可 靴下は黒または紺 冬は指定のセーターがあり、コートなど防寒具は華美でないものならOK

■行事  

学校祭が3日間、一般公開もありとても盛り上がる  クラスマッチが年2回ある

■大学受験へのサポート

一年から補習がたくさんあり、課題も量が多め

■学校全体で大学受験の雰囲気はあるか

とてもある

■文系と理系のクラス数と特進クラスの設置数

文系が3クラス、理系が5クラス

■国公立大学を目指すなら

クラス順位は40人中20番までにいるべき

■この学校の良いところ  

話が合う人が必ずいる!  優しい人がすごく多い

■この学校の嫌なところ  

広いから入学時に軽く迷子になってしまう

■最後に同じ高校を目指す後輩へメッセージを  

とてもいい学校です!みんな行事と普段の切り替えがバシッとできます。勉強はけっこう大変ですが、ここに来て悪いことはないです。諦めず頑張ってください!

→保護者から補足しますと、 「軽く迷子になる」は、公立高校では全国2位の敷地面積だそうです。 その為か、校舎は2階建てのみ、グランドも広く部活動も盛んです。 ブログ読者の方には、東三河の受験生、保護者もいらっしゃるかと思います。 このレポートが役に立てて貰えたら嬉しいです。

以上です。

名古屋市外の地域TOP校という雰囲気を感じますね。

勉強への熱を保ちつつ、各生徒が自立しているので、ある程度生徒たちの自主性に任せて活動をしている印象です。

学校行事とかも、大らかな部分多いでしょうね。一般公開が出来るのは素行の良い子が大半を占める高校だけが可能ですからね(やんちゃな子が大勢紛れ込んで学校祭を台無しにするという展開が無いから)

あとは公立高校で全国で2番目に広い敷地面積、見てみたいですね~。

それにしても写真のフセンが凄いですね。感動です。塾に通わず通信教材だけで乗り切ったそうです( ゚Д゚)

本を読んだという愛知のご家庭から、また高校レポが届くと良いです(^^)/

レポありがとうございました!

時習館を志望する生徒たちの参考になるといいです。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5000部突破!8刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万5千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする