「学校ワークを繰り返し解く方法」を生徒からパクろう!

本日中3生は学校ワーク点検日でした。

学年末テストが近いですからね。2週前にあたるので、任意の3教科のワークをテスト範囲まで(習ったところまで)解き進めて点検をします。

中3生から集まったワークを点検していると、解き方に工夫がなされたワークがありました。

一宮市から来てくれているYさんのワークです。このワークを持つと不思議な厚みがあります。開いてみると…

なるほど。ルーズリーフに解くという作戦ですね。良くあるこの作戦。ここには工夫がなされていてですね。

半ページずつにこうして解き終えたルーズリーフが貼ってあるのですが、工夫の1つ目はマスキングテープで留めてあるところ。

剥がしたり再度付けたりがしやすいですよね。では、なぜ貼り終えたルーズリーフを剥がすかというと…ここから工夫の2つ目。

ルーズリーフを剥がし、解いた上半分を折り曲げて後ろ側に。そして下半分のスペースに2回目の演習を取り組むのだそうです( ゚Д゚)

ルーズリーフを良く見てください。上下で解いた内容が一緒ですよね。面白い工夫です。

そこから次の手順でオレンジペンで本紙に記入。これが実に3回目の演習に。

ここまでやると、学校の先生はワーク提出の最高評価をくれるなんて言ってました。

本紙にオレンジペンで一面埋めるような取り組み方は嫌がる学校の先生いたりしますが、3回目の演習になるので、基本的には文句ありませんよね。

本人が言うには、オレンジペンで書いておけば、テスト直前に赤シートをかぶせてサッと口頭で最終確認をしたりするのに便利なのだとか。

直前確認まで加えればこれで4回演習。んー骨の髄までしゃぶり尽くす感じ素敵ですね。

この作戦の素晴らしいのは、ワーク1冊オールインワンでその子の努力の量を先生にアピールできるところ。ここまでやって最低3回取り組んだことが見て取れますからね。

「1冊を完璧に」とは大学入試向けの武田塾でも大切にされる勉強のキホンです。

ワークをもらった春先に全てコピーをするという方法を推奨してますが、それが難しいとなったとき、こんな取り組み方が良いかもしれません。

注意点としては、実際に実行しようとなったときには、必ず学校の先生に許可を得てくださいね。

「勝手なことするな!俺の指定した通りじゃないと提出点はやらん!」なんて展開になってはオシマイです。

「このワークをテスト前に繰り返し問題を解きたいので、こんな風にやって提出してもいいでしょうか?」と事前に聞いておくと良いでしょう。

学校のワークを繰り返し取り組むこの方法、良くないです?

こりゃいいやと思ったのでさっそく皆様にシェアを。皆でパクっていきましょう(^^♪

今日はこのへんで。

それでは。

2022年指導再開。終日混みあってって正月ボケする暇ねぇ~(´▽`)

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5000部突破!8刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万5千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする