現役生による「西陵高校」レポート~2019年・高校1年Tさん~

IMG_6463-(1)

現役生による高校レポートをお送りしていきたいと思います。

ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あります。

情報鮮度を明記して情報の出所を明確にして踏み込んだ内容だったり、親からしたらどうでもいい内容などをお送りしたくて作ったコーナーです。

今日お送りするのは公立の西陵高校です。レポートしてくれるのは1年のTさん。

元塾生なのですが、西陵にとても楽しく通っているとのことで、是非皆にも紹介したいと立候補してくれました。ありがたい話です。

さっそく楽しい高校生活をレポしてもらおうじゃないですか!

現役生による「西陵高校」レポート

2019年6月 レポーター 西陵高校1年Tさん。

IMG_6462

■通学手段 

電車12分 自転車10分 徒歩15分  合計約40分(徳重名古屋芸大駅出発換算・浄心駅利用)

■校則 

頭髪は茶髪はクラスに0人、ピアスはクラスに3人

カーディガンは色指定、かばんは指定

携帯・スマホは持ち込みOK(校内使用可)

靴下はほぼ自由(色は指定)

スカート丈は膝の真ん中ぐらいまでOK

靴は自由。髪型も自由。

■行事

学校祭は3日間で一般公開あり(文化祭2日・体育祭1日)

チケット制

模擬店?、バンド演奏あり

クラスで歌を歌いながら踊ったり、劇をしたりするMF(ミュージックフェスティバル)が学校祭とは別にある。

■大学受験へのサポート    

日々の課題はたまに、量は少ない

補習は夏休みで参加は自由

早朝テストはない(アカデミー系列は放課後にテスト『月曜日のみ』)

■学校全体で大学受験の雰囲気はあるか

一部のクラスだけある(系列による?)

■文系と理系のクラス数と特進クラスの設置数

文系0クラス・理系0クラス 特進クラスはない

■国公立大学を目指すなら

クラス順位は40人中 3番までにいるべき

■この学校の良いところ

行事が多い。先輩が優しい。制服が可愛い。進路について一番深く考えられる。

■この学校の嫌なところ

トイレが汚い。

■最後に同じ高校を目指す後輩へメッセージを

自分の将来・進路について、深く考えられる学校です!!ぜひ来てください!!ブラスバンド部にも来てください!!

以上です。Tさんありがとう。

ここ2年ぐらい凄い人気なんですよね。総合学科人気なのかなんなのか。倍率高く軽い気持ちで受験すると痛い目に合う高校です。

授業も自分の興味にあわせて選択出来るし、部活も盛んだし、校則も緩やかだし、学校行事は華やかだし。

生徒本人が楽しいなんてレポを書きに来てくれるんで間違いないですよね。岩倉総合にも通える総合学科希望者たちも、西陵に吸われてるかなぁ~(^_^;)

おかげで岩倉総合がめっきり入り易くなってしまってます(・∀・)フクザツ

総合学科に興味あれば是非チェックしてみてください。Tさんの言う「進路について一番深く考えられる」ってどういうことでしょうね?

またTさんからの補足説明メールを待ちます(^o^)タノンダ

あとは・・・なんだか名古屋市立の高校は漏れなくトイレ汚くないです?伝統校はどこもかな?このセリフを本当によく聞く。

そろそろトイレ入れ替えよ~!せやろがい!\(^o^)/

今日はこのへんで。

それでは。

西陵関連記事

現役生による「西陵高校」レポート~2015年・高1マサキくん~
現役生による高校レポートをお送りしていきたいと思います。ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あ...
西陵高校入試の「内申・偏差値・当日点」目安データ
※2018年3月追記 100点満点時代のデータですのでそのままで考えないでください。そして今年(2018年春)は異常に人気高いです...

塾長國立の初出版書籍「勉強のキホン」全国書店にて好評発売中です!

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン
國立 拓治
あさ出版 (2019-03-15)
売り上げランキング: 403

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする