一生懸命な生徒には先生も応援をしてくれる!

IMG_6746

本日愛知県内では多くの公立小中学校で終業式です。通知表を持って帰ってくる日です。

中1の頃からある難関進学校を目指していると公言していたある中3生。まだ内申足らず、内申を伸ばしていかなければいけない状況でいました。

そんな中、中3に入ってからの1学期の定期テストで、中間・期末と2回とも調子を少し落としてしまっていました。

これは志望校への挑戦が苦しい戦いになってきたなぁと思っていたのですが、なんと通知表は1伸ばしてきていたのです(゚д゚)!

伸ばした詳細な内訳をまだ見せてもらっていませんが、これはミラクルだなぁと。

勝手な想像を膨らませると、学校に応援してくれている先生たちが沢山いるんじゃないかと。

惜しみなく努力が出来る生徒です。教えることが仕事の教師にとって、そんな生徒は応援せざる得ません。

これでもかと一生懸命な取り組みを見せ続けられている先生たちからの応援が、通知表に反映されているんじゃないかなぁと思うのです。

過去を振り返ると、20年前。初めて塾長を務めた25歳のとき、中3の1学期で内申38、2学期で39なんて生徒がいました。

その生徒の志望校が一宮高校。尾張地区のTOP校は少なからず40に内申を乗せないと苦しい戦いになります。

その生徒は3学期で40をとってきたのです。3学期の通知表は平均値がつきます。1学期から伸び続けるなんてことは基本ありません。

その時の面談したお母様の言葉を覚えてます。

「これは勝負できる内申をやるから、一宮を勝負してこいっていう先生たちからのプレゼントでしょ」

んー、確かに。努力を重ねる生徒の姿に、学校の先生も応援してくれるんだろうなと思ったエピソードです。(その生徒は見事一宮高校に入学していきました)

同じく28歳ぐらいのときだったでしょうか。個別指導塾に通っていた中3の女の子、とにかく勉強が苦手です。

でも明るく元気で前向き、学校の授業もちゃんと受講して、提出物もしっかり頑張っていたことと思います。

その生徒の定期テストの数学の点数を覚えています。1学期が12点、2学期が6点。合わせても20点も無い点数でした。

しかし通知表は・・・・「2」をとってくるんですよね。しかも毎回。

一生懸命な人には先生が力を入れて応援してくれるんだなぁ。これは社会に出てからも一緒だなぁ。

そんなことを思う終業式の日でした。

今日返ってくる通知表に関しては、愛知県内の他の塾ブロガーが今日書いてくれてます。

 今日はこの地域の多くの学校で終業式です。冬休みや春休みのそれよりもワクワクするのはなぜなのでしょうか?(来週からの夏期講習から現実逃避の感も。。) 11時過…
今日は終業式です。小中学校のお子さんをお持ちのご家庭には、お子さんが持って帰った通知表があると思います。 子どもが持って帰った通知表を見た瞬間「なにこれ! なんでこんなに低いの! 4や5がひとつもないじゃない!しかもなんでこの教科2なの?何したの!」なんて怒ってませんか? セルモでは、毎回、終業式の前日に保護者の皆様宛...

私も返ってくる通知表の見方について過去に書きました。参考にしてください。

通知表を見るときに保護者が心がけるべき3か条!
連休を終えて本日より冬期講習が始まりました。まだ終業式が終わっていないので生徒たちからしたら、まだ冬期講習と言われてもピンと来ない...

今日はこのへんで。

それでは。

塾長國立の初出版書籍「勉強のキホン」全国書店にて好評発売中です!

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン
國立 拓治
あさ出版 (2019-03-15)
売り上げランキング: 403

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする