中日教育出版の「チャレンジ」買っちゃったのですか!!!???

IMG_6726

「チャレンジ、買っちゃったの!!!!????」

私は生徒にそう言った。ネット上の有名なコピペ「高菜食べちゃったのですか!?」のように(^o^)

中日教育出版の「チャレンジ」は、中学校で購入の案内がある教材だ。ストレートに書くと天下り企業の作る教材。

この教材への評価は過去に3度記事に書いた。

中学校で販売される中日教育出版「チャレンジ」は買わんでよし!
「塾長、これ買ったほうが良いか塾長に聞いてこいってママに言われた~」中3Kさんが学校で配付されたチラシを見せてくれました。どれどれ...
中学校で入試向け教材の購入案内がこの時期にあります。 そこで売られているこんな教材があります。 ...
この時期に中学で配られる入試教材販売封筒は無視すべし!
生徒から相談を受けました。「学校からこんな案内の封筒もらったんですけど、買った方がいいですか?」持ってきた封筒はこんなんです。あ~...

「中日教育出版 チャレンジ」なんてググると私のディスり記事が上位でヒットしてしまう(^_^;)

その生徒が答えた。

「この教材を使って、夏は単元ごとに復習をしようと思ってます」

なんてことだ・・・。これはオオゴトだ。私は諭すように彼女に伝えた。

「いいか、よく聞いてな。この教材はね、単元ごとに各私立高校の問題がまとめてあって、確かにとても興味深いんだけどな、めちゃくちゃデカイ短所があるのよ」

「解説がほぼ無いのさ。私立高校の問題ってキホン的に難しいのよ。公立の問題なんかよりずっと難しかったりする」IMG_6731

「そんな問題が並ぶ教材なのに、解答の解説は数学の一部だけ。あとの教科は解答だけの掲載だわ」IMG_6729

「勉強って出来ないところを出来るようにしていく作業じゃない?この教材だと間違いがわかっても、説明が無いからそれを正す手段がないの」

「頑張ってこの教材を夏に取り組んでみても、まず難しい。大半の生徒にとって難しいよ。そしてわからない問題は解説がないのでほぼわからないまま。よって進化していかないのよ。勉強にならないのよ」

「この教材を逞しく取り組んでいける子は偏差値で言うと65以上、東海とか滝とか目指す子かなぁ。そこまでのレベルじゃなければこの教材に取り組むのはマイナスだと思う」

(え・・・でももう買っちゃったし)顔で困惑する生徒に私は言葉を続けた。

「ちょうど興味あったし、よかったらその買った「チャレンジ」、俺が買いとるよ?それぐらいしてまで君にこの夏にこの教材に取り組むことを止めさせたい」

「失われるのは教材代の2,000円だけじゃないんだ。レベルが合っていなくて解説の無い教材に取り組むための長い時間もだ。時間は取り返せない」

話を終えたあと、彼女は私にチャレンジを手渡しました。


そんなわけで、私の手元に最新のチャレンジがやってきました(^_^;)

IMG_6726

いつのまにか別冊だった学校案内が一緒になって、より太くなってます(゚д゚)!ドウカシテル

使う人のことを考えてませんよね~。学校案内を見て学校を検討するのはそれほど頻度のあることではありませんからね。ただ重たくなってシンドイ。

どうか学校案内は再度別冊に戻してください!

チャレンジを買ってしまったご家庭へ

買ってしまったところ水をさすようで申し訳ないですが、キホン的にこの教材に取り組むことはおすすめしません。

この教材をオススメする生徒は先程書いたように偏差値65以上の子でしょうか。

各私立高校の問題を単元ごとに編集し直すという切り口自体は素晴らしいですよ。(これだけ多くの高校の問題を使用して、学校案内までつけて2,000円に収めることができる理由は不明ですw)IMG_6727

「解説が無い問題がわからない」という場面が来たときに解決出来る手段が用意してあれば取り組んでも良いと思います。

親なり塾の先生なり、質問対応してくれる人がいる場合ですね。それでも偏差値60以上じゃないと、質問の数が膨大になってしまってイカンですが。

チャレンジを販売する中日教育出版様へ

紆余曲折あり私の手元に最新版があります。いちユーザーとして今後の改善要望を伝えさせてください。

解答解説の充実を

解答解説の充実をお願いします。数学だけ手書きで対応いただいていますが、あれを他の教科でもお願いしたいです。それが加わっただけで急に生徒に勧める教材に変わります。

紙面の問題あれば、HPに解説へのPDFのページを作っていただくとか、そのページへ飛ぶQRコードを紙面に掲載するとか、やりようはいくらでもあると思います。

(公立の過去問1年分、カットしてもよくないです?)

あれだけの難しい問題たちなので、解説の量は膨大になりますが、値上げをしてでも取り組んでいただきたい。

(あとは難題には印をつけるなどして、レベル分けしてもらえたらよりやりやすい!)

どうか解答解説を充実させて素晴らしい教材を作ってください。

カチッ(変なスイッチの入る音)

こういった改善がなされないのであるならば、今の教材のクオリティーであるならば、中学校で斡旋させて独占的に販売をするなんてことは辞めていただきたいです。

子どもたちは中学で紹介されてるなら良いものだろうと思ってしまいますし。レベル的に合わない生徒も買ってしまうことでしょう。IMG_9407

この難しすぎる教材に取り組むことが、生徒たちの受験勉強の邪魔になってしまっているケースが少なからずあるはずです。

5兆歩譲って「公立中での教材独占販売」には目をつむったとしても、多くの生徒にとって役立たない教材で子どもたちの受験勉強の時間を浪費させられることは、私には許しがたく耐えられません。

・・・

・・

あーあ、落ち着いて書き始めたはずだったのに、結局変に熱入っちゃいました(*_*)

でもこの状況に異を唱えるべきなのは直接関係の無い私のような立場の人かなって思うんです。

現場の先生方が声をあげるのは難しいでしょうし、校長先生であってもしがらみ多く大変です。

私みたいな第三者が声を上げていかないと、状況は変わっていかないと思うんですよね。

「王様、裸ですやん!」なんて声をあげて、関わる皆にとって良い状況になっていくといいなぁと思います。

今日はこのへんで。

それでは。

塾長國立の初出版書籍「勉強のキホン」全国書店にて好評発売中です!

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン
國立 拓治
あさ出版 (2019-03-15)
売り上げランキング: 403

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする