「岩倉桜まつり」で渋滞を避けて駐車する技を地元民が教えます!

IMG_1230

OFFです。余談を。

今日は1年で岩倉の人口が一番多くなる日でした。

岩倉桜まつりで「桜の満開」と「晴天」と「週末」が重なるXデーです。この日が来るとヤバいことになります。それが今日でした。

買い出しがてらちょっと桜まつりを覗いてきたので、その様子を写真でお送りして、このピークの混雑の日にどうやってこの祭を楽しむべきかを偉そうに書いてみたいと思います。

いつもは閑散としたこの駅から五条川への通り、米乃屋を中心に通りが賑わいを見せてます。スゴい。IMG_1206

駅からわりと自然にたどり着くお祭り広場。ここで出店しているのは基本的に岩倉市内の飲食店で、価格も良心的です。IMG_1212

ここ数年でコスプレしてる子が増えましたね。数年前からエリーゼという飲食店主催のコスプレコンテストみたいなのがあったのがきっかけか、近年増えましたね。IMG_1224

道も道路も酷いことになってます。イッツー地獄岩倉を舐めちゃダメです。IMG_1228

写真は午前のものですが、午後はもう少し青空が広がりましたね。まぁ桜が見事でした。IMG_1218 IMG_1217 IMG_1219IMG_1230

 さて、桜の写真はこのへんにしておいて、岩倉桜まつりに遊びに来ようとしている近隣の市に住む方々へアドバイスを。

良く聞いてくださいね。コンパクトシティー岩倉を舐めると痛い目に遭いますよ。題して「岩倉桜まつりを快適に楽しむための鉄則」です。

「満開・週末・晴天」の3拍子が揃えば大渋滞確定!

3拍子揃ったのが今日です。今日は岩倉の各所で車が大行列を作ってました。

駐車場の列に並んで大行列ならまだいいですが、ただ、混み過ぎて慢性的に詰まってしまって、長時間細道から脱出できない車が多いこと多いこと。

古くからある岩倉の街は細道満載、一方通行の道満載。下手に入り込むと地元民でも一方通行に困るぐらいです。

岩倉の道の一方通行事情とか、どこで車が詰まるかという情報を知らずに車で細道に入り込んでしまうと、駐車場に停めて桜を見るまでに疲れ切ってヘトヘトになりますよ。

2拍子とか1拍子ならばここまでの状態にはなりませんが、念を入れて2拍子から注意してください。

あとご存じでしょうが「午後」という条件が加わるとさらに酷いですからね((+_+))

線路と五条川の間の細道は近づいてはいけないデスロード!

地図見てください。クリックで拡大です。sakurafesmap

大混雑の週末は名鉄の線路と五条川の間にある細道は入るとほとんど確定で大渋滞にハマります。

南北に延びる細道(地図では左右に延びる細道)はほとんど渋滞になりますね。年に1度2度のことなんで、渋滞対策がなされてません。ホント酷いことになります。

岩倉駅近くを東西に抜ける真ん中の大きな道(地図上では縦の道)もデスロードです。混み合いと踏切でまぁノロノロとしか動きません。近づくべからずです。

特に混み合う範囲としては、左右は地図のライトアップの区間と書かれた範囲が特に酷いです。お気をつけてください。

ではどこを車で走ればいいか?私の考えたルートはこちら↓

名草線と2本の陸橋をメインの移動経路にせよ!

再度地図をご覧ください↓(クリックで拡大)私のおススメの道は黄色で示した道です。

sakurafesmap2

下の方に横にひかれた黄色の線が通称「名草線」です。南北を貫いていて、名古屋と江南を結ぶ岩倉市を通る大動脈です。

ここは基本的に片側2車線。渋滞知らずのルートですね。ここからです。

私が一番おススメする東西への移動ルートは縦にひかれた黄色の右の線です。おすすめポイントは陸橋です。踏切で詰まることがありませんし、このルートの近くに駐車場が無いので比較的スムーズに五条川を超えることができます。

名草線(横にひかれた黄色の道)から入る目印は名草線沿いにある吉野家です。吉野家を目印に曲がってください。

一応縦にひかれた黄色の左の線も使えますが、快適に移動できるのは地図に赤の矢印で書いた通り、上から下に移動する場合だけです。

下から上に行こうとすると、陸橋を超えたあたりで駐車場待ちの大渋滞にハマります。こちらはあまりおススメできない道ですね。

黄色の線と五条川に囲まれたエリアには赤でバツを沢山うちました。ここは渋滞起きて大変なところです。

朝早くとか午前中のはやい時間ならまだいいですが、午後1時以降ずっとデスエリアです。イライラして家族で喧嘩することになるので近づかないでください。

おススメ駐車場は東小か南部中か隣の駅のコインパーキング!

さて、黄色のルートを利用して岩倉を移動してもらって、なんとか車を停めねばなりません。どこに停めればいいかということですが・・

五条川に一番近い「八釼憩いの広場臨時駐車場」は絶対近づいてはいけません。恐ろしい時間待つことになりますよ。会場からほど近い「五条川小」もほどなくしてすぐにいっぱいになるでしょう。

便利な所は人で溢れます。少し離れたところを攻めましょう。私のおススメは地図の上部左右に表記されている「東小」と「南部中」です。

混み合う週末だけの解放ですが、少し離れるここは穴場かなと。どれぐらい混むかは未確認ですが、地図の黄色のルートで比較的ストレス少なくアクセスできると思いますよ。

あとは、隣の駅前のコインパーキングに停めて、電車で1区間2区間乗ってくるというのも推奨です。

渋滞の末に岩倉市内の駐車場に停めるよりも断然短い時間で桜まつり会場まで辿り着くことができることでしょう。

徳重名古屋芸大前駅とか西春駅とかおススメです。(石仏駅はコインパーキング無さそうです)

結論、岩倉桜まつりは電車でのアクセスが最強!

駅から徒歩圏に桜まつり会場はあります。渋滞無いですし、駐車場の心配要りませんし、電車が一番のおススメです。

今日は名古屋ナンバーを多く見ましたけど、名古屋からのアクセスならばなおさら電車がとても便利だと思いますよ(^^;)

名古屋駅から岩倉までは一部特別車の特急に乗れば11分ですってば。悪いこと言わないんで電車をおススメしますよ。

以上です。

いやぁ今日のネタはずっと書きたかったんです。

年に1度2度の話ですが、岩倉市内のこの酷い交通状況を事前に知ってもらって、もっと快適に桜まつりに参加して欲しかったんですよね(´▽`)

今日の記事内容が来年以降の岩倉桜まつりに車で来ようとする家庭の役に立つことを楽しみにします!

今日はこのへんで。

それでは。

sakurafespanfu

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2017年3月に月間33万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする