まさかの商業出版2冊目が決定したよ!

IMG_9835

今週水曜、伊丹駅近くのタリーズで午前11時過ぎ。伊丹駅近くのタリーズで折込広告について業者の方と美納さんと打ち合わせをしていたときのことです。

IMG_9830

登録されていない携帯電話から連絡が入りました。あ、このタイミングでの電話は大和出版の竹下さんじゃないか?出版を決める最終会議があるっておっしゃってたから。

「どうも、竹下です。おかげさまで無事に決まりました」

「ありがとうございます!」

ありがたいことに2冊目の商業出版が決まりました。縁を紡いでここまでたどり着きました。

前回はしがみつくように縁を紡ぎましたが、今回は本当に自然な形で縁が紡がれました。

何がどうしてどうなって、この結果にいきついたのか・・・

時を戻そう(ぺこぱ)

・・

時は2019年11月3日。関東遠征でイルㇺ元町スクールの甲斐先生に会いに行った場面からです。

「頼んでもない教材が教材会社からドッサリ届くの、あれムカつきません?」こんな話で甲斐先生@イルム元町スクールと同意したことだけを覚...

「今、教材にうるさい先生たちが皆でお気に入りの市販教材を勧めるWEBサイトを、ジュクサガスの田口くんと作ってるんです」

と、教材.jpの話を聞いたところからがスタートです。この後に甲斐先生から教材.jpへの記事執筆依頼が来たのです。

面白そうだし、甲斐先生の頼みだし、いっちょ書いてみるかなと書いてみました。教材だって言っているのに勉強タイマーの記事を(;・∀・)

國立拓治先生が本当におすすめしたい学習教材【デジタルタイマー/リンクシー】を紹介。教材.jpは問題集・参考書などの学習教材を熟知する教育現場の講師陣が、本当におすすめしたい教材を紹介するwebサービスです。幼児|小学生|中学生|高校生|大人|勉強グッズ

良い感じで書けたと満足しながらも、「これじゃタイマーの塾になってしまう。ちゃんと教材のも書こう」と、もう1本書かせてほしいとお願いして追加で書くことに。

そんな経緯で書いたのが、横浜で国語塾を主宰されている福嶋先生の「ふくしま式『本当の語彙力』が身につく問題集」の紹介記事です。

國立拓治先生が本当におすすめしたい学習教材【ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集[小学生版]/大和出版】を紹介。教材.jpは問題集・参考書などの学習教材を熟知する教育現場の講師陣が、本当におすすめしたい教材を紹介するwebサービスです。小学生|国語|基礎力養成

この記事をかいてしばらくしたら、まず著者の福嶋先生がツイッターで言及してくれてました。ツイッターバンザイ。

2019年11月30日の話です。

そこから数日後、紹介した福嶋先生の本を編集した大和出版の編集者さんから紹介記事へのお礼のメールが届いたのです。この方が大和出版の竹下さんです。

これは甲斐先生が書影やら、私が勝手に本の中身を撮って記事に貼った画像を出版社に許可取りをしてくれたから起こったことです。

当たり前といえば当たり前なことですが、甲斐先生の丁寧な仕事からこんな展開になってきました。

届いたメールを一部ご紹介すると・・・

・・・

また、
國立さまご自身もすでに著書があるとのこと、
何かいいアイデアがあれば、
ぜひ私のほうでも形にしたいと思っております。

ともあれ、
記事を拝読し、
思わず連絡をさせていただきました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

またまたぁ。社交辞令書いてくれちゃって!なんて軽く読み流していました。

メール最後には

追伸 40年以上前(昭和48、49年)になりますが、
私、小学2年、3年生時に、
岩倉に住んでおりました。
大変懐かしく思ったしだいです。

おおお!まさかのイワクラー(´▽`)転勤族だったんですかね。面白い共通点だな。

このメールが届いたのが12月2日の話。

そして再度竹下さんからメールが届きました。12月4日の話です。

先日は早々にお返事いただき、

ありがとうございました。

その後、

御著を購入、

ざっとではありますが、

拝読させていただきました。

 

ポイントを端的に歯切れよく、

多面的に解説されており、

とてもいい本だと思いました。

・・・中略・・・

さて、

本日メールを差し上げたのは、

國立さまと何か1冊できないものかと

考えたからでございます。

・・・中略・・・

いずれにしても、

せっかくのご縁、

國立さまと一緒に、

未来を背負う子どもたちの役に立てるものを

世に出していきたいと念じております。

 

ご多忙とは存じますが、

ご検討のほど、

何卒よろしくお願い申し上げます。

( ゚Д゚)は!?

漫画のような展開。社交辞令じゃなかったの?

本を書く作業は自分で望んだものの地味の極みで結構シンドイ経験でした。とはいえ、出版というのは多くの方に自分が役立つかもしれないチャンスです。

竹下さんと「中学生向け勉強法本」の出版を目指すことにしました。何が起こるかわからんです。ありがたい話です。

正式決定では無いものの教材.jpきっかけで出版の話が舞い込んだことを、教材.jp編集長である甲斐先生に早速ご報告しました。IMG_8698-(1)

普段は怪訝そうな顔が似合う、舐めたツイートの塾の先生をザクザク切ってる甲斐先生が・・・

IMG_9845

取り乱してパウパウ言って喜んでくれました(´▽`)

教材.jp無かったらこの展開ありませんでしたからね。甲斐先生に田口君に教材.jpに感謝です!

ここから竹下さんにお会いして、一緒に企画書を作るところからスタートをするのですが、話が長くなってしまいました。

続きは後日に書かせてください。

今日は出版決定と、そのスタートについてでお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

出版決定の電話を受けた場所は伊丹タリーズのテラス席でした。IMG_9835

塾長國立の初出版書籍「勉強のキホン」全国書店にて好評発売中です!

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン
國立 拓治
あさ出版 (2019-03-15)
売り上げランキング: 403

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする