令和6年度愛知県公立推薦入試の志願者数から入りやすさを調べよう!

令和6年度の愛知県公立高校入試推薦入試の志願者数発表が金曜にありました。

少し間が空きましたが、ちょっとご紹介を。

愛知県と言うのはですね、学習塾ブログの盛んなところで、今やあらゆる先生が入試の情報を詳細に書いてくれています。

そんな中、私が書くのにちょっと間が空いてしまいましたし、ここでは皆さんが知るべき点だけを端的にお伝えしますね。

愛知県推薦入試の基礎知識

要点だけ書きますよ。こちら。

・公立推薦入試は学力試験が無く面接だけで実施。

・一般入試より1カ月近くはやく実施されるので人気。

・まずは先に中学校の推薦委員会突破が必要。

・一般入試で突破出来る学力がある子が推薦をもらいやすい。

・上位校群は推薦合格率が50%を切る。

・総合学科や専門学科は推薦合格率が100%近い

こんなところでしょうか。

さてここから。中3はもちろんのこと、中2以下の生徒と保護者へ。

志望校の推薦入試の具合はどうなっているだろうかと確認をしてみましょう。

志望する公立高校の推薦入試での入りやすさの調べ方

さて、発表された資料を見ながら、志望校の推薦入試の入りやすさを調べていきましょう。

まずは金曜に発表されたばかりの今年の推薦入試志願者数をチェックしましょう。こちらから↓

令和6年度愛知県公立高校推薦入試志願者数

たとえば、岩倉総合高校を志望している子と、江南高校を志望している子を想定して書いてみますよ。上のリンクから資料を調べてみると↓

令和6年度推薦入試志願者数資料より

江南高校 定員320名 推薦は定員の10%~15% 志願者数119名

岩倉総合 定員240名 推薦は定員の30%~45% 志願者数78名

こんな情報が載っていましたよね。

やっかいなのは推薦入試は合格者数に幅が持たせてあるところです。各高校の事情を踏まえて人数の幅を作っておいたのでしょう。

すると、

「で、私が志望する高校は定員のどれだけのパーセンテージで合格者を出しているの?」

という疑問が湧いてきます。

これを過去のデータから探っていきましょう。

昨年度の入試結果資料置いておきますね。

昨年度に実際どれだけの人数が推薦入試で合格者が出たのかを確認できる資料です。

令和5年度愛知県公立高等学校入学者選抜(全日制課程)における一般選抜等の合格者数について

令和5年度公立入試合格者数資料より

江南高校 定員320名 推薦合格者数52名 推薦合格者割合16%

岩倉総合 定員240名 推薦合格者数57名 推薦合格者割合24%

推薦合格者割合は「推薦合格者数÷定員」で求めてください。

で、この時点で「江南高校は推薦合格者割合上限15%を少し超えて合格者を出していたが、例年上限の15%ぐらいまで合格者を出すようだ」と見て取れますね。

また、「岩倉総合は推薦定員割合下限30%を切る割合なのは、志願者が少なかったからで、全員合格が出ているようだ」と見て取れますね。

さて、最後。昨年の志願者はどれぐらいだったのかを確認。これで推薦での合格割合(入りやすさ)がわかります。

昨年度の志願者数の資料で見ると良いです↓

令和5年度愛知県公立高校推薦入試志願者数

ここでわかったのは

令和5年度(昨年度)

江南高校 推薦志願者130人

岩倉総合 推薦志願者57人

ということ。

これまでに出てきた情報を整理すると、

江南高校 昨年が推薦志願者130人中合格者52名(16%)だったから、今年も定員の15%(48人)までは合格者が出そう。今回119人志願者いるから48÷119で合格者は志願者の40%になりそう。半分以上の人が不合格になる狭き門。

そして

岩倉総合 昨年が推薦志願者57人中合格者57名(100%)だったから、今年も定員の30%(72人)までは合格者が出そう。今回78人志願者いるから72÷78で合格者は志願者の92%になりそう。6人不合格者が出る計算だから全員合格とはいかないが、かなり入りやすい。

【追記】間違ってました。定員の45%までは出せるので、ゆとりありました。全員合格です。

ということですね。

どうですか~?ついてきてますか~?わからないところありましたか~?

これで志望校の知りたい情報をご自身で調べることが出来るのではないでしょうか。

まずはこの手順で志望校の推薦での入りやすさを調べて、そこから同じ愛知県内の塾の先生が解説してくれているページを見ると、より楽しめるかと思いますよ♪

こんにちは、愛知県公立高校の入試情報を発信する小牧市の個別指導学習塾 名学館 小牧新町校 塾長の吉澤です。 さて、先日愛知県教育委員会より令和6年度(2024年度)愛知県公立高校の推薦選抜・特色選抜の志願者数の発表がありました。 塾長 公立
  今日は、令和6年度愛知県公立高校入試(三河地区)の推薦入試志願者数についてお届けします。 昨年の推薦受験者数や、どの程度今年推薦受験者が増えたのか? 簡単に分析と考察についてお伝えたいと思います。 愛知県教育委員会から発表されたPDF。 詳細はこちらを参照して下さい。↓ 全日制推薦選抜等の志願者数 [PDFファイ

推薦入試は別日受験になってから人気が高まってます。

ぜひチェックしてみてください。

一般入試を目指す生徒にお勧めの無料WEB入試対策講座!

そうそう、推薦入試について書いてきましたが、一般入試を目指す子たちにはこちらがおススメ。

ing進学塾@名古屋市名東区の飯田先生が昨年の公立入試の追試試験問題を手に入れたみたいなんで、それを教材にして解説動画公開してくれています。

昨年春に追試を受けた子だけが持っているので少しだけ世に出回ってるレアな問題です。実際に愛知県教育委員会が作成した問題ですから、市販の予想問題よりリアルに勉強出来ます。

まずはこちらで問題をダウンロード↓

問題を解いたら解説動画で答え合わせをして勉強してください↓

現在は英語と数学が公開中で、後にブログとかで理社も公開予定だそうです(国語は著作権の関係で無し)

飯田先生って見た目イカツイじゃないですか?うちの澤木と一緒です。ただ動画見てもらえば「わかりやす。イカツイ見た目とマスクで損してそう」と思ってもらえるかと(´▽`)

演習に素晴らしい追試問題を、プロの講師の解説つきで、無料学ぶことが出来る。いいじゃないですか?お勧めしておきますね。

過去問演習と並行して、追加の講習を受講するつもりでやると良いと思います♪

今日はこのへんで。

それでは。

関連リンク

2023年春からの愛知県高校入試改革について書いていく記事です。皆さんと一緒に理解を深めていけたらと思います。さて、今日は公立推薦...
来週月曜に公立高校推薦入試の倍率が発表されますね。発表は例年午後8時頃に教育委員会のホームページ上ですね。今日の午前が願書出願です...
稀にこのブログに質問のメールが届きます。塾外生のこういった進路相談にお応えできるようにと塾外生の進路相談コースを用意したのですが・...

Voicy始めました!平日更新!多くの人に聞いてもらっている回を貼っておきます!

YouTubeも週1更新挑戦中!

中学生とその親に向けて勉強情報を発信するさくら個別チャンネル! さくら個別指導学院の塾長國立と教室長澤木でお送りします! ブログで毎日情報発信中! さくら個別のホームぺージ

塾長國立の著書はこちら↓

くにたて式中学勉強法

くにたて式中間・期末テスト勉強法

くにたて式高校入試勉強法

中学生成績トップの子の親がしていること

小学生のうちに身に着けたい勉強のキホン

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。月間最大50万PV。拙著「くにたて式中学勉強法」は11刷重版!著書累計は6万部突破しました!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。