私立高校への問い合わせの作法をご紹介!

昨日はちょっと気になることがあって、私立高校に問い合わせの電話をしました。

すぐに知る必要があったので電話をしましたね。

塾を始めたばかりの頃は「高校に電話をするだなんて!」と怖気ついてましたが、考え方が変りました。

私立高校は公立高校と違って生徒が来なくなってしまったらすぐさま閉校となります。

よって、生徒募集は大事な仕事ですし、そういった「渉外部」という仕事がちゃんと存在します。

高校もよく高校のことを知ってもらって、志望校としてもらえることは目指すところです。

よって、問い合わせて高校のことを教えてもらうことは良いことであろうと。

私立高校であれば、保護者の方も遠慮なく問い合わせて教えてもらうことが良いと思います。

今日は私立高校への問い合わせについて書いてみたいと思います。おススメ手順ですね。

たとえば保護者が私立高校について知りたいことが出てきたとしましょう。

仮に「名城大附属高校の国際科について、一般入試の詳細が知りたい」という疑問だったとしましょうか。早速調べていきましょう。

1.ホームページに書いてないか確認!

まずはご自身で調べてみてください。ホームページをくまなく読んでください。パンフレットを取り寄せることが出来たら取り寄せて読むのもいいですね。

ここでサラッと解決することも多いかと。

ちなみに、先ほどの疑問で言うと、ホームページの説明には書いてませんでしたが、募集要項のPDFを読み進めると小さく書いてありました。普通は見つけることが出来ないかも。

2.中学校や塾で確認!

子どもづてとか直接とか、中学校や塾に質問を投げてみてください。立場上答えることが出来ない者もありますが、制度的なことでしたらたいがいここで解決するでしょう。

立場上答えることが出来ないのは「推薦基準内申」とかですね。これは首都圏ではOPENにされてますが、愛知では建前上内緒の情報です。

若手の先生とか、進路の情報疎い塾の先生であると、細かなことはわからないかもしれません。

3.急ぎで無ければWEB問い合わせフォームから!

さて、ここから。直接問い合わせることとしましょう。理想はWEB問い合わせフォームからが高校側としてもありがたいと思います。

電話口の相手の都合で時間が拘束されませんからね。都合の良い時間を選んで返信を一両日中ぐらいにしていただけることでしょう。

これがベストです。公立高校のホームページは面倒を避けるべく基本的に問い合わせフォームは設置していないことが大半ですが、私立高校は間違いなくあります。

この手段を一番お勧めします。

(ただ、文字として証拠が残ると都合が悪いような情報のポロリは期待できませんw)

4.込み入った内容ならば学校説明会の個別相談会に参加!

さてさて、簡単な質問ではなく、いろいろと聞きたいことがある場合なんかは、学校説明会で用意されている個別相談会に参加をしてください。

私学展での説明会は混みますからね。人気校は特に。よって、人気校であればぜひ個別相談会に参加することを勧めます。

細々と、自分の子供の事情とか話しながら、その高校の渉外担当の方に相談できると良いですよね。

相談をすることによって加点とかはありませんけどね。

5.緊急性高ければ直接高校に電話で問い合わせを!

さてさてさて、最後です。差し迫っている場合のみ直接電話で問い合わせをするといいです。

最初に言いましたが、電話っちゅうのはこちらの都合で相手を電話口に拘束をするわけですからね。

このメールが発達している現代においてはなるべく使わずに最終奥義とすべきものです。

そんな心持ちで、「お忙しいところすいません」という気持ちを持って電話をかけましょう。

まずは電話をかける時間帯です。午後が良いと思います。午後3時4時台がいいでしょうか。

渉外担当の先生というのは授業も担当することありますが、営業に出ることが出来るように午前中だけ授業を持つことも多いように思います。

よって午後3時4時がいいかと。昼も繋がるとは思いますが、先生方も昼ご飯をゆっくり食べたいと思いますので(^^;)

「私、中3の子供を持つ保護者で●●と申します。推薦入試のシステムについて1点教えていただきたいことあってお電話させていただきました。入試担当の先生はいらっしゃいますでしょうか?」

こんな文言で良いと思います。すると保留音が流れたのちに繋いでくれるでしょう。(いないときは電話できるときにコールバックしてくれることあります)

繋いでいただいたら質問をしてください。おそらく丁寧に対応していただけると思います。

以上です。

(公立高校への直接の電話での質問はお勧めしません。愛知の公立入試システムは全県統一ですから、中学校や塾に聞いてください)

参考にしてください。

私立高校への問い合わせをしたことを基にして書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで1万部突破!5刷重版出来中!↓

こちらが新刊で2021年7月15日発売予定です!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする