名古屋の公立高校「合格者平均内申」の高さの秘密は、女子率にあった!?

昨日の続きで書いてます。

昨日は名古屋市内の公立高校は合格者平均内申が高く出がちだけど、なんでかなぁ?なんて疑問を書いておきました。

今春の愛知全県模試追跡調査資料が届き、最新の情報が手に入りました。 澤木先生が例年作ってるランク表を作ってくれました。ご紹介しま...

誰かが考えたことを教えていただけるのではないかというのも期待して(´▽`)

すると、県内の塾の先生からメールが届きました。やった!思惑通り!ありがたとうございます! 

愛知郡東郷町PALという塾の柴田先生から。

先生が言うのは「男女比」にあるのではないかと。

名古屋市内の高校は女子率が高い。

女子はコツコツと勉強に取り組むことが出来て、男子よりも内申を多く持っている傾向があるのではないか。

だから名古屋市内の高校は合格者平均内申が高めに出る。

…とのことでしたね。

あーズバリ理由はこれじゃないですか?

やっぱり女子の方がコツコツ取り組むことが得意ですからね。内申は多く持っていることが多いです。

柴田先生は「ではなぜ名古屋が女子率が高いかまでは説明出来てないので50点ですが」なんておっしゃっていましたが、名古屋市内が女子率が高い理由は私の中ではあります。

名古屋市内の女子率の高さとかも含めて以前少し書きました↓

他の方のブログ記事に影響されるシリーズです。本日は神奈川のカナガクさんのブログ記事に影響されて書いてます。中本先生のこのツイートか...

名古屋市内が女子率が高い理由は、

華やかな学校生活がSNS(インスタグラムやTikTok)の普及で名古屋市外の女子中学生たちにも広く知られるようになりました。

SNSで華やかな様子を見て来た女子中学生たちが、「校則厳しい地元の公立高校よりも、華やかな名古屋市内の公立高校に進学したい」と思うのは不思議ではなく。

そんな女子中学生が名古屋市内の高校に集まっているのかなと私は想像しています。

昨年、当塾で一番勉強に気合が入っていた女子グループは、「名古屋市内の大らかな高校で憧れの高校生活を送りたい!」が勉強への最大のモチベーションであった気がしています。

そのためならば全力出すのもいとわない!といった感じでしょうか。

男子中学生はインスタ映えも大して興味無いでしょうし、そういうのは高校選びの優先順位が低いです。

そのために名古屋まで出るぐらいなら、近い高校の方が良いがねってなものです。

私の中ではこれが答えでは無いかと納得していますが、「馬鹿言いなさんな、この理由をお忘れですよ」なんて意見があれば、どうか教えてください。

皆で理解深められると良いです(´▽`)

中学生を持つ愛知県内のご家庭はこんな傾向があることを踏まえて、志望校選びをしてもらえるといいです。

昨日の続きでお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

今も昔も校則の緩さには定評がある中村高校の生徒。彼女を見ると今も大らかなんだなぁと再認識します(^^)

現役生による高校レポートをお送りしていきたいと思います。 ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢...

日本全国から参加可能の「さくら個別モノグサ校」開校のお知らせ!

暗記アプリ「モノグサ」を使って小学生のうちに小学英単語を書けるレベルで暗記をしよう!小6生限定でオンライン参加生を募集中!参加者が20名を超えました!詳細はこちら↓

※追記(なぜか来春3月まで9カ月換算してましたが、7カ月でした。月換算で800円ほどでした。600円表記をご覧になった方、申し訳な...

定期テストを頑張りたい全ての中学生へ!3刷重版出来中!↓

全ての中学生へ!おかげさまで2万部突破!10刷重版出来中!↓

高校入試を検討し始めたらこちら!2刷重版出来中!↓

勉強のキホンを小学生高学年へ向けて書いてます!3刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

塾の先生向けに教室掲示物等もBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする