児童精神科医のマンガ「リエゾン」がドキドキする!

SNSで同業の人が読んでいる本や漫画で気になったものがあるときは買って読むようにしています。

ここ最近何人かの塾の先生が読んでらして気になった漫画がありました。

こちらのマンガですね。

Amazonに掲載されていた紹介文です↓

 現代日本の痛みを描く医療漫画の新機軸! この児童精神科医は、発達障害を凸凹と呼ぶ。あなたの凸凹にハマる生き方が必ずある。

 日本で発達障害と診断されている人はおよそ48万人。そして、子どもの10人に1人は、何らかの障害を抱えているとされる現代。人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちがいる。児童精神科医は、そんな親と子に向き合い続ける。

紹介文にあるように、児童精神科医のお話で、発達障害を抱えた子どもたちが登場します。

軽い気持ちで読み始めましたが、読んでいる間ずっとドキドキとしていました。表現しがたいハラハラとした気持ちです。

職業柄、生徒たちの行動や振る舞いに身に覚えがあるところとかがあるんですよね。

「一つの個性だ」なんて言葉で収まらないとき、塾としてどうするべきか?

あのとき、あの生徒への対応はどうしてあげるのがベストだったんだろう?

とてもとてもデリケートな部分ではありますし、いろいろと考えさせられます。

時代の流れもあり、今や発達障害を持つ子供への指導を行う学習塾があります。

幸いにも愛知県にもいくつか。

池下にあるフォレスト個別指導塾は幸い塾長の撹上先生と知り合いです。

個性あるお子さんは、一人ひとり特性が違います。フォレスト個別指導塾では、その子に合わせた指導計画を作成する必要がありますので、入塾までに時間をかけてアセスメントを行っています。まずは、無料個別相談からお申込みください

また、名古屋市内に複数校舎を展開するステラ個別支援塾も塾長の古賀先生は知り合いです。

発達障害・発達遅れのあるお子さま専門の学習塾・児童発達支援

もしも自塾に発達障害が原因で学習に苦戦をしている子がいらした場合、そして私たちが力になれないような場合、

小さな町医者が地域の大きな病院を紹介するように、私もこういった知り合いの専門の塾を紹介したいと思っています。

とてもデリケートな部分です。

これまでは指導で「もしかしたら?」なんて思う場面あったとしても、なるべくそっとしていましたが、それが優しさになる場面ばかりじゃないだろうと今は思っていて。

可能ならば保護者と話し合って、可能ならば本人も交えて3人で、いい形を見つけてあげれたらと考えています。

ご興味あれば是非読んでみてください。漫画としても面白くいい出来だと思います(^^;)エラソウ

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで発売2か月弱で重版出来決まりました!↓

旭丘・明和・向陽・菊里・瑞陵・千種・桜台の最新データ入りました!その他の高校も過去データ多数!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする