愛知県公立入試二次募集を受けたいなら私立入試の意図せぬ転科合格に注意を!

少し前に来てた質問です↓

ほうほうなるほど。確かにちょっと微妙なところですよね。

愛知県の公立高校で二次募集をする高校が近年急激に増えてきて、二次募集を視野にいれて入試を検討する時代になってきました。

こうなってくると、このへんの微妙なところ、確認をしておきたいですよね。

推測でものを言うわけにもいかないので、愛知県教育委員会にメールを送ってみました。

公立高校二次募集について、出願資格には

「愛知県内の国公私立のいずれかの高等学校を受検し、 いずれの高等学校にも合格しなかった者」

とありますが、たとえば私立高校の転科合格システムを把握しておらず、希望していない下のレベルの科の合格が出たけど、入学金のお金を納めず、公立高校を2校とも不合格になり、結果として進学先が無いという場合に関しては、二次募集は受験対象になるのでしょうか?

時代の変化で二次募集を受けるということが受験の手段の1つとなってきている今において、正しく認識をしたくてご質問させていただきました。

宜しくお願いします。

しばらくして県教委より返信が届きました。

メールを拝見しました。
 愛知県内の私立高校に合格した場合、希望する学科・コースに合格したか否か、また、前納金を納入したか否かに関わらず、合格した時点で第2次選抜の出願資格はありません。
 第2次選抜については、県内の国公私立の入学を希望し、受検したが合格校がなく、県内の高校に進学できない者への措置として実施しております。したがいまして、合格校があったにも関わらず、合格を辞退した者は出願資格を有しません。
 その他、不明な点がありましたらお電話ください。

なるほど。とにかくどこかで合格が出てしまった時点で二次募集は受験出来ないということみたいですね。

合否の情報が正しく入る中学校が受験資格があるかどうかをしっかり見ているということですかね。なるほど。

となると、二次募集も利用した家庭は私立高校の転科合格のシステムは注意しておかなければいけませんね。

良かれと思って高校側が転科で合格を出したのに、そのせいで二次募集が受けられなくなったなんてことが起こるわけですから。

たとえばこちら、ご近所の私学である大成高校の募集要項です↓

どういったときに転科で合否判定をするかを明記してくれています。

さらに、

転コースの合否判定を希望されない場合は、試験当日までに本校へお申し出ください。

との記述が。これこそが二次募集を受けたいご家庭が申し出るべき制度ですね。

少々生生しいですが、具体的に書いてみると、

私立高校は大成のラトナディア(特進)1本で受けて、プラウディアの合否判定は事前に大成に申し出て断る。

公立高校は江南と名古屋西で受ける。いずれも通らなかったら二次募集で小牧南か丹羽を受ける。

こんなプランですよね。

近年定員割れているものの、進学校としての指導力と上位層の意識の高さを期待して、あえて二次募集の丹羽や小牧南を受験したいなんて家庭はゼロじゃないはず。

私立はある程度のレベルの高校が受かったら滑り止めとするけれども、丹羽や小牧南と比較をして下がるようであれば、私立で滑り止めは作らない。

といった考えです。

公立高校二次募集を受けたかったら、意図しない転科合格をもらわぬように、事前にしっかりと確認をする!ということですね。

大成のように明確に明記してるところばかりじゃないと思います。不明な点はご自身で学校に問い合わせて確認をしてください。

踏み込めば、「転科合格の判定を断ることは出来ますか?」まで聞いても良いと思います。

制度の変わり目、ご自身でよく確認をして、意図しない展開にならぬようにお気を付けください。

大切なことを繰り返すと、

公立高校二次募集を受けたかったら、意図しない転科合格をもらわぬように、事前にしっかりと確認をする!

です。

また私立高校の先生と話す機会があったらこの辺の事情聴いてみますね。

今日はこのへんで。

それでは。

これまでの塾長の著書はこちら!おかげさまで著書累計6万部!

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。月間最大50万PV。拙著「くにたて式中学勉強法」は11刷重版!著書累計は6万部突破しました!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。