愛知県公立高校令和4年度入試より8校の学科コースの新設改編が決まったよ!

愛知県教育委員会のホームページは定期的にパトロールしています。

何か新しい情報が発表されていないかなぁ?ってなものです。

本日覗いてみると7月7日発表の情報がわんさかと。これは何かあるかも!と見てみると、公立高校入試においていくつか新しい発表がなされていました。

多くの方が関心があるのではないかというものをピックアップして紹介してます。

発表の資料はこちらです➡学科コースの新設・改編について

公立高校へ生徒たちに魅力を持ってもらうべく、動き出していますね。資料にはこのように書いてありました↓

愛知県教育委員会では、令和2年2月に策定した「県立高等学校教育推進実施計画(第2期)」に基づいて、多様な生徒のニーズに応える学校づくりを推進しています。
令和4年度は県立高等学校8校において改編等を行いますので、お知らせします。

発表された中でも、瑞陵高校と岡崎北高校に県内初の「理数科」が設置されることは大きなニュースですね。

この2校はなんなら人気校ですから、さらに人気が高まりそうですね。

この2校を志望校としている子たちは、要チェックです。その先の進路とか、理数系を深く学んでいきたいなんてときには、選択肢となってきますよね。

また、同レベルで他校を受験予定であった子たちも、その先の進路とか、理数系を深く学んでいきたいなんて展開あれば、志望校変更の可能性も出てきますよね。

興味ある方は2校から降りてくる情報、しっかりチェックをしてください。気になれば是非学校見学に行ってきてください。

・・・

・・

あれ?仰々しく書きましたが「そうなるぞ」という情報はすでに出てたみたいですね(^^;)

私の勉強不足でした。

これら8校の発表は正式発表となっただけで、もはや以前に全て出てた情報かもしれません((+_+))

瑞陵のHPにはパンフレット発見!➡理数科パンフレット

理数科のツイッターアカウントまで(^^;)

さて、本当にテコ入れが要るのは定員割れとなっている高校です。

今回、尾張の学校で言うと、例えば小牧工科高校は女子にも来てもらえるよう「生活コース」というのを新設するようですね。

いずれ統廃合は免れないとは思いますが、それまでの間はいろんなニーズに応えることが出来るようテコ入れをしてもらえるといいですね。

本日教育委員会から降りてきた新鮮なニュースでお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで1万部突破!6刷重版出来中!↓

こちらが新刊で2021年7月15日発売予定です!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする