「フォレスタ学習道場」を導入検討中!

フォレスタ学習道場という指導コンテンツの導入を検討しています。

つい先日案内をいただいたばかりですけどね。小学生の基礎学力をつけるためのタブレット学習です。

詳しくはこちら。

AIを活用したタブレットでぴったり学べる個別学習塾。算数・国語・英語に対応。先生が見てくれるのにリーズナブルな授業料!無料体験受付中!

平たく言うと「公〇式のタブレット指導版」でしょうか。

後発のものの方が改善が重ねられているので優れたものが出てくること多いですよね。なんでこの学習道場に期待しています。

人が直接指導をしていた部分で、AIに変えた方がより良いのではないかという部分をAIを利用したタブレット指導になってます。

その子の理解の度合いによって練習回数とか説明具合とかAIが判断して変えたりするようです。

昔から基礎学力の部分を「読み書きそろばん」なんて表現しましたが、今風に表現し直すと「読み書き計算英単語」でしょうか。

こういった四の五の言わず身につけたい勉強の基礎体力部分は、小学生のうちに身につけておいて欲しいなとずっと思っていました。

基礎体力が整っていると中学からの指導成果の伸びが違うんです。もちろんよく伸びます。逆を言うと基礎体力が無いと指導をしてもなかなか伸びていかないこともあって。

小学生に基礎学力を身につけてもらうコンテンツで、しかもタブレット学習なのでデバイスさえ揃えばすぐにスタートが出来る。

これは気になりますね~。

開発元はうちで使ってる教材の開発元でもある株式会社スプリックス。首都圏を中心に森塾を展開している企業です。

この学習道場はもちろん森塾の各校舎で導入されてます。自分の塾で利用しているものというのは「良いもので成果の出るもの」と判断していいかなと私は思っています。

今は暗記アプリモノグサを利用した指導の試行錯誤で手一杯なので、岩倉校の導入はまだ先かなぁと思いますが、伊丹校はすごく気に入ってたのでもしかしたらすぐに導入して指導が始まるやもしれません。

またいずれ続報を書きますね。

・・・急に何を書いているんだ?という話なんですが、ブログの更新が夏期講習の慌ただしい中で滞って困っていたので、今現在塾で巻き起こっていることをそのまま書いてみました(^^)

モノグサの漢字配信の準備しなきゃいけないし、きずなネットの記事の締切明日だし、何よりオンライン指導の準備進めておかなきゃいけません。

文科省が臨時休校の判断基準を提示することにしたらしく、いよいよ各地の各校で臨時休校が頻発しそうな予感!

 新型コロナウイルスの感染が子どもにも広がっていることを受け、文部科学省は近く、臨時休校の判断基準となるガイドラインを示すことを決めた。これまでは自治体が保健所などと相談して判断していたが、保健所が

あちらこちらの自治体で夏休み延長とか一斉休校とかが増えてきて、たまりかねて国や県から一律の休校指示・・・なんて展開、昨年やりましたよね(^^;

この展開想定して準備します!

夏期講習の指導は明日まで。

ラスト頑張りましょう!

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万部突破!6刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする