経験に基づく根拠のある自信を手に入れよう!

IMG_1123

右奥歯の周辺に違和感を感じて、本日歯医者に行ってきました。

痛いってわけじゃないんですが、なんだか歯茎が変な感じがしまして。

こういうときはたいがい虫歯だったっていう展開が多いのですが、痛くないのが不思議です。

何もなかったならばそれはそれで歯石をとってもらえばいいかと行ってきたのですが・・・

歯医者でその違和感が判明しました。

「國立さん、虫歯は無かったんですけどね。このレントゲン見てもらえますか?」

「ガンシセイノウホウって言って膿の袋が出来てしまっていて、これはそのままにしておくわけにはいかないやつなんです」

「紹介状書きますので大きな病院の口腔外科で手術を受けて取ってきてください」

お、お、お、、、( ゚Д゚)

なんだかすごい展開になってきました。まずもってガン・・ノウホウってなんだ?

まずガンという響きがいけない。先生は確かにガンって言った。

先生は笑顔で話していましたが、深刻にならぬように笑顔だったらどうしよう(;・∀・)とか一瞬思いましたww

調べてみるとどうもこれの様子↓

含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)ってやつでしょう。

ガンは「癌」ではなく含むの「含」でした(´▽`)

良性腫瘍とのことですが、摘出には麻酔をかけて切開をして縫合もする立派な手術のようです。

ちょっと検索をかけてみたら・・・

先週末、歯根嚢胞摘出手術を受けました。備忘録としてここに記載しておきます。定期的に歯科検診に通っています。数年前から、子供の頃に治療した歯の根元の先に嚢胞がで…

ひいっ((+_+))

このブログの表記にちょっとビビりましたが、私は病気系はよほど怖くありません。

なぜなら2009年に尿管結石を経験しているからです。

今日の昼前ぐらいから、左わき腹後ろに激しい痛みを感じ始めました。 鈍痛というやつで、正直痛くて立っていられませんでした。 収まる気配も見せず痛...

痛みで嘔吐するという劇的体験。尿管結石の痛みは三大激痛と言われていて、病気界でもエリートな痛みなのです(´▽`)

尿管結石の経験をしてるから余裕っしょ。さすがにあれよりは痛くないんでしょ?なんていう妙な自信があります。

経験に基づく根拠のある自信って大切ですね。

無理くり勉強に繋げますが、自塾生にはこれを勉強で作ってほしいなと思ってますよ。

うちは日々自習に来てもOKな塾です。中3生は部活が終われば住む勢いで日々勉強に来る子います。

入試へ向けて大きな時間を使って勉強に取り組む。圧倒的な時間を勉強できたならば、それはきっと自信になると思うんですよね。

今後新しいことにチャレンジする日が来た時に、

「あー、要は高校入試のときみたいに気合入れて取り組めばいいんでしょ?」

なんていう経験に基づく根拠のある自信があったらとても強いと思うんですよね。

中3生は部活も間もなく終わり、入試勉強が本腰を入れて始まります。

高校入試を終えたときに、こんな自信が手に入るレベルで頑張って取り組んでほしいですね。

歯医者での出来事からお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする