南知多のキャンプ場へワーケーションに行ってきた!

「近頃はキャンプしながらパソコン仕事をしてるよ。これがまた捗る」

四半世紀の付き合いになる先輩塾長の石橋さん@エストスーパースクールが食事の席でこうおっしゃいました。

最近の言葉で言うとワーケーションというやつでしょう。本来バケーションとして行く場所で仕事をするというやつですよね。

本当に仕事が捗るなら最高じゃないのか?それは一度やってみたいじゃないか。

「それは最高じゃないですか。今度連れてってくださいよ」

「是非是非」

この会話が社交辞令で終わらぬように即日日程を詰める連絡を入れました(´▽`)

天候不順で1度の中止を乗り越えて、本日ワーケーション決行の日。朝から南知多を目指します。

近くのスーパーで買い出しをし、薪を買って・・・

キャンプ場までやってきました。えぇ、仕事をするために!!

「キャンプは寒くなってくるこれからがベストシーズンなんだ」

ただ行きたいだけのセリフに聞こえるこのセリフを信じ、冬の足音が聞こえる気候ながら思い切ってやってきました。

もうこれ以上キャンプグッズで買うものが無くなってしまったという潤沢なキャンプ道具を利用させてもらい、まずは腹ごしらえ。

んー、雰囲気補正が入るのでスーパーで買った普通のやきそばは2ランク上の味がしますね。

さて、野山を見ながら、ヤギの声を聞きながら、パソコン仕事をしましょうか。

石橋さんがZOOMで会議を始めました。私はまずはこのブログ書き終えるところから。おのおのが勝手に仕事をやります。

思えばこの状況、実はなんだか懐かしいんですよね。

新卒2年目、私が23歳で石橋さんが25歳という頃、塾の長期休みにはこそっと教室に出て2人で仕事をしていました。

カーテンを閉め切って当時はワープロ(笑)を使って授業のプリントとかを作っていましたね。

お互い干渉することなく、カタカタとワープロの音だけが鳴っていたように思います。

指導技術は無いものの、気力体力は満ちてましたから、休みを返上して仕事をしていたのが楽しかったです。

塾という仕事が好きで、そんな共通点で石橋さんと四半世紀お付き合いさせてもらっています。

今や体力は削げ落ちて、当時のように体に無理は効かなくなってきていますが、今の体力に合わせて引き続き当時のように楽しく仕事をしたいですね。

ワーケーション初体験と思い出話という余談気味の内容でお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万部突破!7刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする