出版デビュー作「勉強のキホン」が3刷決定したよ!

「くにたて式中学中間・期末テスト勉強法」の執筆が続きます。

ずっと追い込みですね。公立高校受験生たちと一緒に私も3月初旬まで頑張ります。

そんな中、あさ出版の編集小川さんからメールが届きました。1冊目の拙著「勉強のキホン」でお世話になった方ですね。

これは!?小川さんからの連絡は吉報期待!

「『小学生のうちに身につけたい!「勉強」のキホン』の1,000部の重版が決定しましたー!ありがとうございます!!」

おおお( ゚Д゚)やったー!

あんまり間髪入れずにメールの返信するのも嬉しさが滲み出てて照れるのですが、間髪入れずに返信を。

「ありがとうございます!Amazonの在庫が切れていたようだったので嬉しいです!ジワジワ売れ続け、なんとか重版を重ねていただけるようになるといいです!ご連絡ありがとうございました!」

頂いた返信がこちら。

「はい、確かにジワジワ売れてます。3刷までいけば、本物。息の長いロングセラーになると思います」

あぁ、3刷までいけば本物というセリフ、大和出版の竹下さんもおっしゃってた!2刷までは勢いで行けることもあるのでしょう。

3刷そういうのが通用しない世界なのかもしれませんね。ありがたいお言葉です。

それにしても、初版何部で刷っていただいたんだっけ?

そんな想いで小川さんからいただいたメールを検索して振り返っていたら、当時のはじめて本を作っている過程がメールの文面などで思い出されました。

デビュー作「勉強のキホン」は多くの方々のお力を借りて形になった本でしたね。

中学生向けの勉強本を私は書きたかったのですが、そのジャンルが今ほど盛り上がってなかった頃でした。

そんな中でなんとか形にするために、小学生の親へ向けて中学の準備をしようという切り口を小川さんに作っていただいて実現した本でしたね。

OFFです。余談を。2018年7月4日14時過ぎ、シェラトン都ホテル東京のロビーラウンジ。ツテを辿って縁あって、応援いただける著者...

ほんと、よくぞ形にしていただけました。この本が形になっていなかったら、今の「くにたて式」を書くことは無かったと思います。

「編集の方と力を合わせて1冊の本を世に出した」という事実が2冊目に繋がっているのだと思います。

そんな思い出深い出版デビュー作が3刷重版出来です。嬉しいなぁ。

小学生のお子さんがいるご家庭は、よかったら読んでみてください。

ただし、Amazonの在庫はまだ回復していませんから、今は高く値段をつけられた中古本だけ。定価1540円に価格が戻ってからどうぞ。

デビュー作ですから稚拙な部分もあるとは思いますが、一番ダシというのはやはり濃いです。手前ミソながら良い本です。

ちなみに昨日ご紹介したNさんは、この「勉強のキホン」を読んでから臨んだ中1一学期中間テストは、確か学年順位が一桁でしたからね。

よかったら読んでみてください♪

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5千部突破!8刷重版出来中!↓

私も少しだけ執筆に参加してます!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする