「僕の妻は発達障害」というマンガを読んだ!

少々余談で書かせてください。

先日は見逃し配信ティーバーで気になっていたドラマがあってですね、

「僕の大好きな妻!」というドラマですね。

ある日、大好きになった人が発達障害だとわかったら…?話題の人気コミックを原作に描く、可愛くて、前向きで、心が温かくなる、”とある夫婦の幸せのかたち”を描いた物語!!

タイトルからどんなドラマか想像つかないと思いますが、原作マンガのタイトルは「僕の妻は発達障害」というマンガで、「発達障害」をテーマに作られたドラマです。

タイトルをソフトにした方がいいのではないかという制作側の判断だとは思いますが、結果としてどんなドラマか伝わらないのは残念ですね。

ちょっと好奇心でこのドラマを見てみました。

私「共感性羞恥」が少しあるので、主人公が職場で奮闘する姿はずっとハラハラとしながら見ましたね。

ドラマ鑑賞後、続いて原作マンガが気になって、4巻まで出ているマンガをキンドルで購入してこちらも早速読みました。

僕の妻は発達障害 1 (BUNCH COMICS) コミック – 2020/10/9

自身が発達障害だという作者が医学博士を監修に迎えて描かれているマンガです。作者自身が夫婦で、漫画の主人公も夫が漫画家という夫婦です。

自身の体験が元になったシーンとかも多いでしょう。リアリティーが相当高い作品です。

そうなのか。

こんな症状もあるのか。

当事者はこんな想いだったりするんだな。

あのときのあの反応、これだったのかな?

なんて、読んでみていろいろと思うところありましたね。あまり詳細に感想も書きにくい話題です。

数日前に文科省からこんなニュースも。

文部科学省は、2020年度に通常学級に通っているADHD(注意欠陥多動性障害)や学習障害、自閉症の児童・生徒について調査をして、その結果を発表した。 それによると、全国の国公私立の小中高等学校で、

しばらくしたらリンク切れると思うので、内容も少しご紹介↓

 文部科学省は、2020年度に通常学級に通っているADHD(注意欠陥多動性障害)や学習障害、自閉症の児童・生徒について調査をして、その結果を発表した。

 それによると、全国の国公私立の小中高等学校で、通常学級に在籍しながら、週に数回だけ、障害などに応じて、他の教室で特別な指導を受けている児童生徒は、合わせて16万4693人。調査開始以来、最多となった。

 内訳としては、ADHD(注意欠陥多動性障害)の児童生徒は3万3825人、学習障害は3万612人、難聴は1956人、弱視は237人、情緒障害は2万1833人、自閉症は3万2346人、言語障害は4万3632人だった。

 この中でも、ADHDと学習障害においては、2019年度の調査から、およそ1万7000人も増加した。また、自閉症については、調査項目に追加された2006年度は3912人だったのが、14年間でおよそ8倍増えたことになる。

テーマがとてもデリケートですから、さすがの私も言葉を選んでしまいます。

ただ、これらの作品を見て、今私が思っているのは、理解を深めて発達障害の人とよりよく接することが出来るようになったらいいなということです。

10年ほどまえの「ツレがうつになりまして。」という作品で、日本でのうつ病に関する理解が高まったなんて話を聞いてます。

同じように、今回のこの作品をきっかけに発達障害についての認知と理解が日本全体に高まっていくといいです。

(もちろん私もわかってませんからここから理解を深めたいです)

お年寄りに考えなしにパッと電車の席を譲るように、発達障害の人にもパッと手を差し伸べることが出来たら良いなと思うんですよね~。

ただ、発達障害は人にその状況は人によってそれぞれですし、お年寄りに席を譲るぐらい対応が決まっていないのも難しいところです。

そもそも「発達障害」って障害なんて言葉を入れるから、デリケートになりがち。

もっとソフトな表現に変えて欲しいです。「発達途上」とか「発達後進」とか、良い表現あるといいですね。

また、発達障害を診断する検査ももっとコロナワクチン接種やPCR検査ぐらい気軽に出来るといいなと。

各診断結果に応じて、身近な人たちがどう接するのがいいのか、改善に向けて何が出来るのか。医者じゃなくても出来ることあれば、多くの人がそれを知れたらいいなと。

とりとめもなく、こんなこと思ってます。

書きにくい内容ではありましたが、こういったきっかけで発達障害の理解を深めて行けたらと書いてみました。

ご興味あればティーバーでドラマから。さらに気になればマンガ読んでみてください。

ドラマとマンガのご紹介でお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

定期テストを頑張りたい全ての中学生へ!発売1カ月で重版出来!↓

全ての中学生へ!おかげさまで2万部突破!10刷重版出来中!↓

高校入試を検討し始めたらこちら!2刷重版出来中!↓

勉強のキホンを小学生高学年へ向けて書いてます!3刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

塾の先生向けに教室掲示物等もBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする