1点でも多く取れるように最後の最後まであがけ!

IMG_4540

今日はブルージャイアントの新刊を昼過ぎにコンビニで手に入れて、早速読みました。

ブルージャイアントというのはジャズを題材にした熱い熱い漫画ですね。私が継続して購入しているのは、「キングダム」と「宇宙兄弟」と、この漫画ですね。

お気に入りなんで以前も何度か記事で書いてます。

今来てくれている生徒の成績を上げるために精一杯やるだけ
フェイスブック上で知り合いの先生が「ブルージャイアント」という漫画を勧めていました。なんでもJAZZの漫画らしいんですけど、アチー...
いつまでも青く青く!
OFFです。余談を。豊田の加藤先生がフェイスブックで漫画ブルージャイアントの最終巻と新シリーズ1巻の感想を書いてました。おぉ!もう...

~少々ネタバレあり~

今回の新刊では、オランダの小さな街の小さなジャズフェスで、主人公のダイが所属するバンド「NUMBER FIVE」がオープニングアクトを務めるというところからのスタートでした。

小さなジャズフェスなので、キャンセルの穴を埋める形で出演が決まった地元高校生バンドが緊張をしてフェスの開始を待ってました。

あまりの緊張にソロを多用した挑戦的な最初のプランを捨てて無難な演奏にしようと、高校生バンドのメンバーの1人がビビって言い出していましたね。

そんなステージの演出的なことを3人で険悪に話し合っているところでフェスの開始時間になり、主人公たちのオープニングアクトが始まるのです。

圧倒的。

オープニングアクトは圧倒的なプレイで小さなジャズフェス会場に熱狂を生み出しました。

全力を尽くした主人公たちの圧倒的な演奏に、高校生たちが刺激され覚悟をします。

「精一杯やろう」と高校生たちが意を決してステージに。

高校生たちの決して上手ではない演奏ながら一生懸命ベストを尽くそうとあがく姿に、会場が熱い声援を送って盛り上がりました。

「俺たちはヘタだ」

そんなセリフを書いたコマには「でも精一杯自分を出し切って演奏をする!」という姿勢がプレイする絵で表されていました。

・・

いやぁ~涙腺緩む~。

映画でもドラマでも漫画でも、一生懸命取り組む姿というのは心を打ちますね。言葉を尽くして書いてみましたが、伝わらないんだろうなぁ。

この漫画、引き続きおすすめですよ。この巻だけと言わず、全巻読んでほしいなぁ。

BLUE GIANT SUPREME (7) (ビッグコミックススペシャル)
石塚 真一
小学館 (2019-02-28)
売り上げランキング: 59

さて、この入試が差し迫った時期にのんきに漫画について書いてますが、今回は漫画の良さを伝えたいんじゃないんです。漫画で書かれていた内容について伝えたいんです。

今回の新刊で描かれていたドキドキしながら初めてのステージに立つ高校生たちというのは、初めての高校入試を迎える中3生たちに見えたんですよね。

漫画の中の高校生3人組は、下手くそながら自分のベストを尽くして観客の心を掴みました。ベストを尽くすことの大切さが描かれていました。

すると来週に愛知県公立高校一般入試を迎えますが、入試を目指す君たち中3生たちがやれることは決まっているんです。

「最大の努力をぶつけて入試当日まであがくこと」

だけですよね。

自分のベストを尽くして1点でも多く取れるように、最後まで頑張るんだよ。

どんな結果が出ても覚悟をして受け止めることができるよう、いい準備で当日を迎えてね。

以上です。

中3生はよかったら入試終えてからこの漫画読んでみてね(^^)

ショートですが、今日はこのへんで。

それでは。

3月15日発売の初出版書籍「小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン」の記念イベントをクラウドファンディングで募集中です!出版記念セミナーも開催します!よかったら!

動画でも情報発信中!YouTubeさくら個別チャンネル

ツイッターでも情報発信中!良かったらこちらから!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

2018年春入試のデータ順次入荷中!(尾張北部中心)

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする