愛知全県模試での受験校決定について

マシュマロ届いてます。慌ただしいのでマシュマロのお返事で凌がせてください。

さっき届いたのがこちら↓

タイムリーですね~。当塾も昨日届きました。

個人受験の方は今日届く予定ですよね。

この第5回愛知全県模試で志望校を決める方も多いですよね。

タイムリーな質問にお答えしてみます。

まず1つめの質問ですが、「知りません」(´▽`)

聞けば教えてもらえるんでしょうけど、まぁどうでもいいですよね。お気になさらず。

2つ目の質問はお答えできます。

私は80%の判定を大切に見ています。合格判定80%以上あればよほどのことが無い限り大丈夫だろうというラインじゃないかと。

愛知全県模試も帳票で色分けして合格圏として分けているのが80%ラインですよね。

このラインを超えていればまず大丈夫として伝えます。

で、受験の組み合わせについてですが、ケースバイケースですよね。

まず、「私立高校への進学はアリなのかナシなのか」を確認します。

「私立への進学は絶対ない!」となれば、80%判定の高校を1つは入れてもらいます。愛知は数少ない公立を2校受験できる県です。複合選抜バンザイです。

「私立への進学もアリ!」となれば、自由に選んでもらっています。

私自身、進路指導において「第一志望に絶対合格させる」とか、「公立には必ず合格させる」とかはありません。

下手したらこういう想い、ご家庭にとっては迷惑なことだってあるだろうと。

「この学校でもいい!」と思える私立高校に合格出来ていれば、「公立入試は判定が30%の学校と60%の学校を挑戦で受けたい!」という家庭を止めることはしません。

明確に勝算の度合いが見えている状況で、どこまでのリスクをとってチャレンジをするのかは、ご家庭の意向に沿うようにします。

例えば第一志望をずっとA校で頑張ってきて、最後の模試でA校が合格判定40%ぐらいだったとします。

勝算は半分も無いけど、挑戦してみて結果を受け止めたいということがあります。2校目に合格判定80%の高校を選んで挑戦するという流れ、普通にありますね。

私はただ、過去の経験と、今回の模試の数値と、今の本人の勢いと、本人の性格などを踏まえて相談に乗るのみです。

お母様は文面見る限り慎重な方じゃないかと。リスク許容度が低めでしょうか。

95%という数値はほぼ100%と思って良いです。心配でしたら第二希望は95%の学校を選んでください。

第一も高い勝算で勝負したいということであれば、80%以上で。絶対はありませんが、高い確率です。

「80%」を選択の分かれ目にご利用ください。

以上です。

参考になるといいです。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5千部突破!8刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする