漢検・英検を塾内実施している塾は「良い塾率」高い!

以前ツイッターで見かけたんです。

「英検漢検の塾内実施は手間ばかりで全くお金にならないし、これを実施している塾というのは子供たちの学力向上を考えた良心的なところが多いと思う」

といった記述ですね。

これは全くもって同意です。

恐らく模試の塾内実施と一緒で、漢検や英検の実施は塾には何もお金が入ってこないと思います。

そんな中、正しく検定実施をしているかどうか、抜き打ちでいきなり監査が入るそうです。これが一方的で高圧的で面倒だとか言う噂も聞いたことあって(+_+)

これを年に何回か時間を作って検定実施をしている塾ってスゴいと思います。

英検サイトで調べてみたら、愛知県は準会場となっているところが57会場も。これは全国一の規模ですね。愛知の準会場の皆さん素晴らしい。ありがとう。

塾選びの記事を数日前に書きましたが・・・「英検漢検の塾内実施をしている」ということをプラスポイントに加えておいてください。

塾の選び方については方々でいろいろと書いてきました。拙著の中にも書いてますね。ちょうど2学期期末テストが終わって塾を検討してるご家...

生徒の学力向上を願う誠実な塾長がいる確率がグッと上がると思います!

ふと思い出した良い塾のポイントについて書いてみました。

ショートですが

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万部突破!7刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万5千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする