高校入試直前に保護者ができる唯一のことは心身のサポート!

匿名メッセージサービス「マシュマロ」に質問は投げ込まれてきます。

一生懸命返事をして減ってくるとホッと一安心するのですが、そこからぽつぽつと質問が増えていきます。

質問が無いのも寂しいのでありがたいことですけどね。質問が増えるというのはまた宿題が増えてしまい、宿題を気にかけながら遊び続ける夏休みの子供のような心持です(謎)

今回ご紹介するのはこちらです↓

なるほど。とても心配なさっているようですね。

まずはお母様(推測)、落ち着いてください。この投稿をしていただいたときは心配する気持ちがマックスだったのではないでしょうか。

お母様のお子さんを想う気持ちの大きさが心配の大きさになってしまっていますが、その感情を本人にぶつけることが必ずしもプラスに働きません。

我が子を心配する気持ちが高まる中、そんな気持ちを子供に伝えてみても、子供は良くも悪くもマイペース。切り替えて自分で考えて次の取り組みを。

「わかってるって。やってるから」なんてお子さんに言われたことありませんか?心配性のお母様のいなし方をお子さんは知っていそうです。

お父様はあえて本人任せにするスタンス。「自分で考えてやってるからもうあまり口出さずにしておけ」なんてお母様に話しているでしょうか?

勝手な想像で書いてますが、そんな背景があるのではないかと思わせる、お母様の高まる心配を感じるメッセージです。

メッセージでいただいた情報だけで私なりのアドバイスをお伝えすると、

「今お母様に出来るのはお子さんに任せて心身を整える応援するのみ」じゃないかと思います。

462点は勉強への気持ちが薄い人に取れる点数ではありません。本人が努力を重ねて取った点ではないでしょうか。

切り替えて私立高校の過去問の演習を始めているというのも、受験へ向けて自ら考えて自ら取り組んでいるという証拠かと。

決して心の火は消えておらず、本人なりのベストを尽くして取り組んでいるのではないかと想像しています。

周りも頑張っているので順位のブレは出るでしょう。ケアレスミスも出るでしょう。

これらが全て本人の気の緩みだったり、サボりだったりしたならば、あらゆる手段で叱咤激励してあげると良いと思うのですが、そうでなければ受け止めましょう。

上手くいかなかったらそれをどう反省して次に繋げるか。ここを本人がしっかり考えて実行しているならば、もう口出しをする余地はありません。そんな年齢です。

「学校のテストでケアレスミスをするものが、入試でミスなく実力を出すことなどあると思われますか?」

というこのセリフ。おっしゃることは圧倒的に正しいですが、正しければその言葉は相手の心に届くというものではないのがもどかしいところです。

親子関係が良好で、保護者の意見に耳を傾けてくれる間柄があり、明らかにその子の怠慢で大きく成績を落としている場面であれば、この言葉をぶつけていいでしょう。

ハッと目を覚まして勉強に向き合うきっかけになるかもしれません。

しかし、どうもお子さんはすでに自分で考えて前向きに勉強に取り組んでいる様子。もうこの言葉は強すぎます。伝えることはマイナスに働きかねません。

私個人の意見ですが、向陽に合格することがゴールじゃないです。向陽を目指して取り組むこの日々で、勉強以外の多くのことを学んでいけたならば、受験は総じて成功じゃないかと。

愛知は複合選抜ですし、合否に対して過度に心配することなく、お子さんの日々の奮闘を応援してあげてください。

もしも私立の入試が上手くいかなかったら、そこでまた一緒に相談をすればいいです。

お母様がお子さんを大切に思っていて心配をしていることは、もう十二分にお子さんに伝わってます。

これ以上圧を与えて足を引っ張ってしまうことが無いように、落ち着いてゆっくりなさってください。入試最前線は本人に任せ、後方援護に徹してください。

岩倉から応援をしております!

以上です。勝手に状況を想像してくどくどと好きに書きましたが、参考になるといいです。

頂いた質問最後の言葉はカッコよかったですね~。勉強への気持ちが緩んでいる生徒には、この言葉を積極的にぶつけていきたいです。

「学校のテストでケアレスミスをするものが、入試でミスなく実力を出すことなどあるか?」

受験生は心に留めておいてください。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万部突破!7刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万5千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする