保護者が設定する大きなご褒美は投入タイミングが大切!

火曜のことです。

中3生は火曜から学年末テストで昼過ぎには帰ってきています。

塾は平日15時には開いているので、早い生徒は15時半には自習にやってくることも。

15時半になったとたんに最初に現れたのは少し遠くから通ってくれている中3のHくん。

・・・

・・

は?

違和感しかない展開に胸がざわつきました。

まてまて。Hはクラブチームで活動するほどのサッカー小僧。休み時間は野球のスマホゲームばかりをしているゲーム小僧でもあります。

おそらく彼とは2年近い付き合いになりますが、Hがこんなことは過去にありませんでした。

ここ数日を思い返せば確かに今回のテスト前、Hは自習室にずっといました。早い時間から最後の時間までずっといるような記憶あります。

最後のテストだから気合入ってるのかなぁ~ぐらいで思っていましたが、これはそれだけではない何かがあるはず。

自習のTOP登場はそれだけのインパクトがありました。

私は彼に思わず聞きました。

「なぁ、今回のテストは何か勝負がかかっているのか?」

Hはにこやかに答えます。

「かかってます」

やっぱりか( ゚Д゚)

「前回の通知表が上がったから、それをキープできるように今回頑張らなきゃいけないから・・・と、」

と?

「今は家族全員で〇ギガを分け合っているんですけど、今回テストが良かったら自分用の楽天モバイルを持たせてもらえるんです」

それだわ!!そりゃ気合入るわ!

謎が全て解けました。真実はいつも一つですね(´▽`)イイタイ

それにしてもご家庭のこのご褒美タイミングが絶妙です。

ご褒美としてはとても大きなものです。今よりも自由にスマホを利用できるわけですから。

このとても大きなご褒美を、中学3年間で一番重要なタイミングで投入。

思惑通り、Hくんは気合を入れて取り組んでいます。カコイチで。

Hくんのようにハードにスポーツをやっていた子というのは長時間学習に強いです。

頑張れる体力忍耐力があり、頑張り方自体は当塾で指導済み。あとは爆発させるだけ。

素晴らしい采配です。切り札の投入タイミングが抜群。まだスマホを買い与えていないご家庭は是非参考にしてください。

私は学習動機が薄い中学生へのご褒美投入は賛成派です。

大きな切り札のタイミング、大切にしてください。

Hくんの躍進と大きな切り札の投入タイミングの大切さでお送りしました。

今日はこのへんで。

それでは。

2021年7月15日発売の新刊です!↓

おかげさまで1万5千部突破!8刷重版出来中!↓

小学生高学年向けに書いた最初の1冊目がこちら!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする