目には見えない気の緩みを無くせ!

IMG_3062

普段テスト前に大して勉強していない子が当塾に入塾すると、授業をほぼ行っていなくても成績が上がることがよくあります。

理由は簡単、テスト前に塾で勉強をしてもらうからです。集中するしかない環境で普段していない勉強量をすることになるからです。

そんな中、期末テスト前に入塾してきた中2の女の子、学習時間は入塾前に比べてグッと増えたはずなのに、期末テストはさほど変わらぬ成績を持って返ってきました。

ん?おかしい。取り組みも悪くなかったはず・・・

同じく中2の女の子、前回体調を崩して順位を落としたのでリベンジをかけた期末テストだったのですが、さほど順位が戻ってきていません。

ん?これもおかしい。もっと戻っていいはず・・・

この振るわない成績について思い当たる理由が1つだけありました。

それは自習室での座席です。

夏過ぎから中2年の入塾ラッシュ。まぁ元気の良さそうな子がどんどん入ってきました。

「〇〇も入ってきたの?やった。」なんて会話を日々。

テスト前には自習室の一画に中2ゾーンが大きく出来ました。

基本的には奥の自習室は喋ったり出来ない雰囲気が出来てます。加えて、私が自習室に入室したときに、目を合わせて微笑んでいる2人組はその場で席を離されるローカルルールもあります(笑)

そんな自習室で、中2ゾーンの子たちはこのルールを守った上で固まっていましたね。

休みごとにワイワイと。中1の最初から塾にいた生徒たちは少し嬉しそう。ようやくお前たちも来てくれたか!といった感じ。

ルールをしっかり守ったうえで中2年の子たちは勉強に取り組んでいました

・・・

・・

が、その中に結果が思うように出ない子が出てしまったのです。

これは真面目に取り組んでいる風に外からは見えましたが、周りに仲のいい子たちが沢山いる事実に浮かれてしまっていたのではないかと。

勉強をすることに集中しきれなかったのではないかと。

このことを上手く成績を上げきれなかった子に話してみました。すると・・・

「それはあるかも。確かにフワフワしてたと思う」

やはりか!!

私もそのときは気が付きませんでした。外見は真面目にやってましたからね。

仲の良い子たちが近くにいることが嬉しくて楽しくてフワフワとしてしまったと。

考えてみれば四方八方、仲の良い子に囲まれている状況で勉強をするというのは・・・

乃木坂好きがメンバーに囲まれてテスト勉強をするようなもの。

三代目好きがメンバーに囲まれてテスト勉強をするようなもの。

キンプリ好きがメンバーに囲まれてテスト勉強をするようなもの。

そりゃフワフワするわ!!

これは反省です。

さっそく中2メンバーに対策を伝えにいきましょう。

ちょうどサユキとカスミが自習に来てました。喋りのたつ2人です。ここは直球で攻めて行くことに。

「次のテストはみんな友だちは縦に座ってもらうことにするよ」

「えー大丈夫ですよぉ。ちゃんとやってますよぉ」とサユキ。

「俺もそう思っていたし、実際君らはちゃんとやってた。でもな、やっぱり仲の良い子が沢山集まって勉強するというのはどこか無意識に浮かれちゃって、勉強に集中しきれていなかったと思うんだよね。それが結果に出ちゃった子もいるんだよね」

「あのな、俺はな、せっかく塾に来てくれたから君ら全員の成績を上げてあげたいって思うんだよね」

サユキが複雑な表情。「それ言われたら反論しづらいですやん」といった感じ(´▽`)

「だから、次のテストからは同じ学年の子は皆1列に縦に座ってもらうようにする。隣の列は他の学年の列にするね」

「ぁ」にイントネーションがある渋々の「はぁい」で会話を終えました(^^)

そんなわけで当塾中2の皆さん。次のテストは自習室での勉強は基本的に離れた席でやってもらうね。

混んできたら友達同士は縦に座ってもらうね。目には見えない気の緩みを無くしていこう。

休み時間には盛大に気を緩めてワイワイやってちょうだい。よろしくね。

目には見えない気の緩みについて書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

ツイッターでも情報発信中!良かったらこちらから!

2018年春入試のデータ順次入荷中!(尾張北部中心)

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする