2021年から新しくなった中学校の通知表の見方を知ろう!

1学期を終えて通知表が返ってきていますね。

今日から塾の授業が再開なので、生徒の新しくなった通知表を今日から見せてもらいます。

2021年より通知表が変わりました。変わった点は大きく2点です。

2点お伝えしておきますね。

各教科が4つから3つの観点での評価となったよ!

今までの通知表は各教科4つの観点で評価をされていました。昔のブログ記事から画像ひろってきますね。架空の通知表ですがこんな感じです↓

国語は5つの観点からでしたね。これが全て3つの観点になります。

ブログ読者の方から「ネタになるかも」と通知表が返ってきた日(連休中)に送ってもらいました。ありがとうございます。新しいものはこちら↓

シンプルになりましたね。そしてもう一つ細かい変更点。

観点の表記順が上から「基本→応用→態度」に変わったよ!

元々は意欲に関する観点は一番上にあったんです。で、基本に関する観点は一番下に。「態度→応用→基本」なんて表記順だったのです。

これが、最初と最後がグルっと入れ替わります。上の画像の通りです。

今まで私はまず各教科の一番上(態度)の観点の評価をチェックするようにお伝えしてきましたが、これが変わりますね。

これからはまず意欲を持って授業に参加が出来ているかどうか、各教科の一番下の観点をチェックしてください。

とても見やすくなりました。よりわかりやすく端的に表現しなおすとこんな感じです↓

通知表の観点は上から基本、応用、態度!

わかりやすく見やすくなりました。頑張る優先順位は「態度→基本→応用」ですね。

態度良く取り組み、基本を身につけ、応用を身につける。これでいきましょう。

各教科一番下の欄が評価されていないときというのは、授業を聞いていないか、提出物を出していないか、その両方かが疑われます。

本人の学校の様子の申告と通知表の評価が大きくずれるときは学校に問い合わせて教えてもらうと良いと思います。

以上です。

よかったらもらってきた通知表を再度開いてみてください。新しい発見あるやもしれません!

今日は新しくなった通知表について書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで1万部突破!6刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする