「私立高校の授業料無償世帯」と「公立高校」の年間費用差を調べた!

IMG_7447

私立高校の授業料と入学金が実質無償化されて、公立高校の費用にどれぐらい近づいたんだろう?

費用に大差無いならば私立も積極的に勧めていきたい!大差あるならばまだまだ気軽には勧められない!

授業料だけじゃなくて、ちゃんと実際に必要な費用の詳細まで比べてみて保護者達に伝えたい!

そんな動機で調べ始めたシリーズです。過去2回書いています。

タイトルの通りです。愛知は私学助成金が充実していて、今春より年収720万円までの世帯が授業料無償世帯となりました。以前ここでもその...
一昨日に私立高校と公立高校とでかかる費用の比較をしようと調べ始めたところです。私立高校は補助金が出て授業料が無償になる世帯について...

入学時の費用があと少しわかれば比較するためのデータが揃うというところまできていましたが、多くの皆さんの協力でデータが揃いました。

刈谷北高校のデータだったり、名古屋西高校のデータだったり、西陵高校のデータだったり。極めつけはこちら。

江南高校の入学のしおり!IMG_1869

塾生保護者が貸してくれました。ありがたいことです。明確過ぎるデータ。これで江南高校版も作れますね。

とはいえ、尾北高校のデータで作ってきたので、いただいた尾北のデータを元にひとまず完成させます。

IMG_1871line_oa_chat_201005_142704 (1)

前回までで作っていた一覧表の不明だった枠に判明した金額を入れてみます!

私立高校無償化世帯と公立高校の費用比較!

〇私立は愛知啓成高校、公立は尾北高校の2020年データに基づいて作成してます。

〇私立高校は愛知県で年収720万円以下の授業料入校費無償世帯を想定して作成しています。

〇公立高校は年収910万円未満の授業料無償世帯を想定して作成しています。

入学時
項目 私立高校(無償化) 公立高校
入学金 0(本来200,000) 5,650
PTA入会費 1,000
制服(夏冬) 91,520 50,750
かばん・靴類 35,500
ジャージ類 27.270 23,350
教科書代 9,500 8,450
副教材費 16,000 19,510
小計 180,790 107,710
学納金・その他
項目 私立高校(無償化) 公立高校
授業料 0(本来409,200) 0
教育充実費 121,400 4,800
生徒会費 18,000 8,400
PTA会費 30,000 16,800
修学旅行積立金 75,000 70,350
合計 244,400 100,350

※検定と模試費用は抜きました。制服は夏冬合わせました(女子で計算)

※私立のコース費の費用は学納金の教育充実費に合わせました。

※私立の教育充実費と公立の教育振興費を同じものとして扱いました。

※通学費用や部活費用や模試検定費用は含まれていません。

完成した詳細の比較を踏まえて結果だけを比較します!

  私立高校(無償世帯) 公立高校
入学時 18万 11万
授業料その他 25万 10万
初年度合計 43万 21万

愛知の「私立高校の授業料無償化世帯」と「公立高校」の費用差は年間22万円!

月額にすると18,300円ほど!

入学時の費用を含めて12で割るのもちょっと違和感あるでしょうか。分けて書いてみます。

入学時の費用差が7万円で家族4人の一泊旅行費用ほど!(ルンバ上位機種ほど!)

授業料その他の費用差が年間15万円で月額にすると12,500円!

おおお!スッキリ!!

そしてだいぶ公立高校との差が縮まりましたね。差額の具合伝わりますでしょうか。

これが愛知県の8割の世帯に当てはまるっていうんだから素晴らしい話です。

いやぁほんとスッキリしました。

これから私立高校にしようかと迷ったときにはこの費用の目安を思い出してください。私も覚えておきます(´▽`)

追加で2点ほど注意点を書いておきます。

基本的に先に元の金額を払って、あとから補助金を受け取る!

最初に元々の金額を払う必要があります。あとから申請して、申請通れば帰ってくるという流れでしょうね。

先に払うのがシンドイなんてこともあるので、このへんは気を付けておいてください。

このへんも高校によって対応変わるらしく、名古屋高校とかはあらかじめ補助金で差し引かれた金額で請求してくれるそうです。なんて気が利いているのでしょう(^^♪

私立高校は年間費用から60万円を引いて無償世帯年間費用を確認!

示した私立の年間費用の詳細は愛知啓成の普通科を元に作成してあります。

英語科であったり特進コースであったりすると費用が増えますし、高校ごとで大きく費用が変わります。

まずは自分の希望する私立高校の年間でかかる費用を調べてですね、そこから60万円を引いた金額が愛知県の年収720万以下の授業料無償世帯の費用です。

これで差額を見て公立高校と天秤にかけるといいです。

例えば「公立尾北の国際教養科」か「私立啓成のグローバルコース」を天秤にかけたり。

例えば「公立西陵総合」か「私立名城の総合科」を天秤にかけたり。

例えば「公立一宮工業の機械科」か「私立大同工業の機械科」を天秤にかけたり。

例えば「公立愛知商業の情報処理科」か「高蔵高校の商業科」を天秤にかけたり。

系列大学を持っていたり、伝統校で就職先を多く持っていたり、私学の強みというものがありますからね。

公立との差額が縮んだことで、再度比べてみることをお勧めします。

以上です。データ協力いただいた皆様ありがとうございました。

これでこの記事シリーズを終わりにもできますが、あと少しだけ調べるべき費用が残っています。

2年・3年時の費用ですね。私立の2年・3年時の費用がわかれば、3年間トータルでの差額を示すことが出来ます。

想像出来る具体的な物なんかで例えることが出来たなら、より明確になりますよね。

(愛知啓成の2・3年時の年間費用がわかる資料をお持ちの方いらしたらご協力ください!)

また調べてみてこのシリーズ最後の記事を書きますね。

今日の記事は我ながら有益です。高校受験を控える愛知県民は是非参考にしてください♪

今日はこのへんで。

それでは。

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする