「緊急事態宣言の延長」や「9月新学期の実行」に備える!

IMG_2072

コロナの状況がだんだん落ち着いてきました。

愛知は感染者数が減ってます。検査してねーんじゃねーか?とか、いろいろあるんでしょうが、それでも減ってます。

過去4日間の感染者数は4日前より順に1人1人0人5人です。

感染者数ランキング1位上の福岡県は14人11人9人4人です。

感染者数ランキング1位下の京都は4人4人15人4人です。

愛知の落ち着き具合伝わるでしょうか。

キホン車文化の県ですからね。関東や関西のように他府県との繋がり薄目です。一部の繁華街さえ落ち着けば感染は広がらないのかもしれませんね。

ただ、油断すれば元の木阿弥。誰もがそれを知っているので、この事実はどこも積極的に報道しませんけどね。

ここから予想できる展開と自塾の対応書いておきます。

愛知に出ている緊急事態宣言の再延長!?

この愛知の状況が続くならば、緊急事態宣言は解除され、6月1日からの学校再開も十分に視野に入ってきますが・・・わかりませんよね。

まずは国からの緊急事態宣言の延長が出るのではないかと。「8割減には届いてません」なんて言いながら。

休業要請と休業補償も変わらず5月7日から仕切り直して出してもらえるならば、協力するつもりでいます。

しかしもしも休業要請が出ないようであれば、ソーシャルディスタンスを守り通せる通塾での自習だけでも再開しようかと検討してます。

また国や愛知の出方を見ながらお知らせしますね。

9月新学期の実行!?

ちょくちょくそんな話が出てました。「9月新学期良いじゃないか!」なんて。

でも私は「確かにいい案だけど、そんなすごい展開無いでしょ!そこまで日本が思い切れるか?」なんて思ってました。

すると・・・

 国会では祝日返上で新型コロナウイルス対策の補正予算案が審議されています。安倍総理大臣は、一斉休校が長期化するなかで9月を新学期とする案も選択肢の一つだという考えを示しました。  国民民主党・玉木代表:「学びを継続し、遅れを取り戻し、格差を是正するためには9月入学・9月新学期に移行するのも一案だと考えます」  安倍総...

今日の審議で安倍総理が9月新学期も選択肢の1つだと発言が( ゚Д゚)

なんて大胆。そしてなんていい案。

これだけ長期の休校で学べなかった問題をうやむやにして進級することにしてしまうのは無理があって。

これが解決されますよね。

9月新学期に替えることでいろいろ問題でるんでしょうが、9月新学期以上の素敵な案があればそっちに乗ります。あるかな?

こうなってくるとさあ塾はどうしたものか。今年は短くなる夏休みが春休みの代わりになるでしょう。

新年度募集が夏休みになりますね。

高校入試が7月?8月になる?高校見学は冬休み?

いろいろ盛り上がりますね。

まだ具体的に想像出来ていませんが、9月スタートカレンダーでも作って準備したいと思います。

このまま感染者が減っていくことを祈りながら、

今日はこのへんで。

それでは。

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする