学校の課題は「期限最優先」塾の課題は「ガチ最優先」

IMG_2498

土曜は中3入試対策講座でした。

毎回配付した入試向け教材を5章ずつ進めてくるという課題を出し、毎回点検することにしています。

今回初回ということで、初めての点検でしたね。順に点検をしていると・・・

「これチート(ズル)でしょ?塾の宿題チートしても意味ないんだよね~(爽やかに)」

また、大きく遅刻してきた別の子は・・・

「もしかして点検する課題が出来てなくて今まで家でやってたの?あーそれ良くないね~(爽やかに)」

これは全体に伝えておいた方が良いかなと思い、生徒皆に向けて話をしました。

「いいかい、普段の学校の提出物はね、本当に追い込まれたらズルをしてでも期限に間に合わせた方が良いって思ってるよ」

「日本は期限を守ることを大事にするからね。多少ズルをしてでも間に合わせるべくやりました!という姿勢の方が、ガチでやって遅れて出すよりも先生の印象が良いと思ってる」

「勘違いすんなよ、ズルしろって言ってんじゃないよ。万が一追い込まれてしまったらどう凌ぐかって話ね」

「だから学校の課題はとにかく『期限を守る』ことを大切に取り組んでほしいんだよね」

日本人は約束の時間や期日を重んじる!
昨日のブログ記事の続きです。 ワーク点検日前日に、ワークが出来ていないことが気がついたお話でした。 ズルをしてでも点検日に間に...

「それに対して塾の提出課題はね、ズルする価値が全くない。時間は無駄だわ、頭は良くならないわ、お金は減るわで良いとこまるでナシ」

「だから学校の課題と違って、塾の課題は間に合わなかった事実をしっかりと受け止めて、期限を超えてでもガチでじっくりと取り組むべきなの」

「塾の課題のツケは、じっくりとガチで払っていこう。だから、提出期限を間に合わせるためにチートするとか、そのために遅刻するとか無しね。覚えておいて」

こんな風に話しました。

この入試対策の課題点検は本当は1ヵ月に1回ぐらいの頻度で行っていたのですが、やっぱり溜めこんでしまってチートで凌ぐ子とか、消化不良起こす子とかいたんですよね。

そうならぬよう、1回の点検量を減らして毎回点検に変えました。そうすることで、やれていない子も次の週に塾でツケを払ってもらうことが可能になりましたね。

自分でやらかした塾の課題は、じっくりと塾で取り組んでもらいたいと思います。

あ、ちなみに塾の授業で出された宿題についてはガチ&期限最優先ですからね。点検だけの課題とは重さが違うよ。

先生を隣に座らせて指導を受ける日に、授業の課題がやれていないだなんて、塾に来る資格無いからね(^o^)

今日はこのへんで。

それでは。

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

ツイッターでも情報発信中!良かったらこちらから!

2018年春入試のデータ順次入荷中!旭丘入りました!(尾張北部中心)

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする