基礎が出来なかったら応用は出来ませんか?

匿名メッセージサービスマシュマロに質問届いてます。こちら↓

なるほどなるほど。

数学がとにかく苦手で、いただいた文章を読んだ感じでは、文章題に限らず、図形問題とか基礎の計算を超えるものはどれも苦戦している感じみたいですね。

塾の先生のリアクションを見る限り、基礎の計算もまだ安定していないかもしれませんね。

保護者としてははやく計算問題以上の難易度の問題について指導を受けたいという気持ちですよね。

文章題はどうやって出来るようになっていくのか?解説読んで理解出来ない時は内容を理解するのは難しいのか?

こんな質問ですね。

まずは私が思うに、そのお通いになっている塾は良心的な良い塾じゃないかと思いますよ。

保護者の言うとおりにせず、成績を上げるために必要なことをしっかり伝えてきてくれているので。

もしもお金だけが大切なダメ塾でしたら、「わっかりました!では文章題、図形、関数と各5回ずつ講習を追加しますね!」なんて、安易に追加授業を提案していると思います(^^;

いいですか。どこの都道府県でも一緒だと思うのですが、公立入試はまずは計算問題が出題される大問1をしっかりととるというのがとても大切になってきます。

これは勉強が得意な子も苦手な子も。愛知で言えばこの基礎的な問題をしっかりと確保するだけで偏差値50近くまでとれることが分かっています。

保護者からしたら、どうしても出来ない種類の問題に目を奪われて、そういった問題を出来るようにしてほしいとお思いになるのかもしれませんが、とにもかくにも基礎的な計算問題が大切なのです。

入試の計算問題が解けないうちは、他の単元の勉強をしなくてもいいぐらい大切なのです。お通いになっている塾はそれをおそらく知っているのです。

過去に書いた「公立入試数学は1問ごとで難易度が大きく違う」なんてブログも参考にどうぞ↓

今日は朝から勉強会に参加してきました。「2017年度愛知県公立高校入試分析~出題の傾向と今後の対策~」というタイトルの勉強会でした...

お子さんは文章を読む限り、まだ基礎問題をマスター出来ていません。塾の先生が他単元に入らせなかったことからもそれがわかります。

「基礎問題はなんとか」と書かれていますが、なんとかなっていないから、塾がブレーキをかけているはずなのです。

私は塾の方針どおり、引き続き基礎問題ベースで指導を受けることが一番良いと思います。

そこが出来て仕上がってくるならば、そのときから初めて他単元の指導も始まるのではないでしょうか。

「文章問題はパターンで覚えるのですか?」という質問もありましたね。

文章問題はある程度決まりのパターンは確かにありますから、それを知っておくことは大事ではあります。(あ、あのパターンの問題かも?ぐらいの心づもりはあって良いです)

ただ、結局全てが問題文に書いてありますからね。いつものパターン通りなのか、ひねってあるのか、問題文書いてある内容を理解して、状況を図に表す練習が大切ですね。

おそらく国語も得意ではないですよね?問題文に書いてある内容を正しくキャッチできるかどうかというのは、国語の力に関わりますからね。解説を理解するということにおいても。

ここも苦戦の大きな理由の1つではないかと。

以上です。

色々書きましたが、お伝えしたいのは

「入試で大切な基礎計算問題の正答率を高める!」「他単元の学習はそこが完成したあと!」

ということですね。

参考にしてもらえたらいいです。

今日はこのへんで。

それでは。

日本全国から参加可能の「さくら個別モノグサ校」開校のお知らせ!

暗記アプリ「モノグサ」を使って小学生のうちに小学英単語を書けるレベルで暗記をしよう!小6生限定でオンライン参加生を募集中!早速20名近くいらしてます!詳細はこちら↓

※追記(なぜか来春3月まで9カ月換算してましたが、7カ月でした。月換算で800円ほどでした。600円表記をご覧になった方、申し訳な...

定期テストを頑張りたい全ての中学生へ!3刷重版出来中!↓

全ての中学生へ!おかげさまで2万部突破!10刷重版出来中!↓

高校入試を検討し始めたらこちら!2刷重版出来中!↓

勉強のキホンを小学生高学年へ向けて書いてます!3刷重版出来中!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

愛知県公立高校の高校別入試情報をBASEで販売中!こちら!

塾の先生向けに教室掲示物等もBASEで販売中!こちら!

YouTubeはこちら!更新通知になるツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数2万1千部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと鮮魚も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする