「一生懸命な取り組み」は年齢性別関係ナシのガチンコ勝負!

6月は中学生向け学習塾の年に二度の繁忙期です。

期末テストがありますからね。期末テストはどこの中学も時期が揃うので慌ただしいのです。

とはいえ、今年はコロナの影響もあってか、中間テストが無くなった中学も多く、少し時期がばらけましたけどね。

ありがたくも地域14中学から来てもらっているので3週に渡っての期末テスト。3週に渡って週末は特別開放です。

いよいよ残すは布袋中と平田中の定期テストだけです。これら2中学と試験を終えていない高校生たちのために今週末も教室開放を。

大半の中学生は定期テストを終えたばかりで迎える週末です。少しゆっくりしたいかなと思いながらも、LINE一斉送信で今日明日の教室開放告知を送りました。

「定期テストを控える中学生はもちろん、定期テストを終えたばかりの中学生の自習もお待ちしてます!」

さて本日、隣町から来てくれている中学生の子が教室開放のスタート時間に現れました。

おや?確か彼女の中学は定期テストを終えたばかり。

彼女の家から塾までは、家から駅まで自転車、電車に乗って岩倉までという経路。塾に到着するまで小一時間かかるでしょうか。

声をかけてみます。

「定期テストもう終わったよね?今日も電車で来たの?」

「はい」

「今日は何をするの?」

「塾と学校の宿題をやって、来週ある単元テストの勉強をします」

「まじめか!?」

彼女の一生懸命な取り組みを称える気持ちでツッコミました(´▽`)

定期テスト終えたばかりの週末、電車に乗って小一時間かかる場所にある塾の自習室開放。

確かにテスト終わった子も是非来てねとは言いましたが、そんな遠くから来るか?テスト終わった直後に!俺がもし中学生で遠方から通っていたら来たか?

塾生の中学生女子に「気持ちの強さ」でぶん殴られたような気分になりました。

「気持ちの強さ」に年齢も性別も関係ありませんからね。その子の一生懸命な取り組みにビビらされます。

「一生懸命な取り組み」は年齢も性別も関係なく、才能も関係ありませんからね。

ベストを尽くすことまでは万人が出来ると信じてます。生徒たちに負けぬよう私も頑張ろう。

教室開放直後に気合が入った教室での出来事でした。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで1万部突破!5刷重版出来中!↓

こちらが新刊で2021年7月15日発売予定です!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。拙著「くにたて式中学勉強法」は発行部数1万部突破!休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする