通知表5教科に「1」があるうちは2教科指導はお断りします!

IMG_9825

澤木先生と相談をしてこの冬から始めた取り組みです。

通知表に1がある生徒は週1回1教科の指導を指導回数上限として、代わりに週1回の自習を必修とすることにしました。

「英・数」と2教科の授業受講をしたかったら、まずは5教科の1を無くすことから始めようということです。

基本的に通知表5教科に1がつくときというのは、単純に内容を理解出来ていないという状況に加えて「関心意欲態度」の評価がもらえていないときです。

提出物が出せていなかったり、授業態度が良くなかったり、何かしら勉強内容の理解じゃない部分で不味い部分があるときです。

心身共に成績を上げる体制が整っていないところに塾での指導をいきなり2教科から始めると、多くの場合で消化不良を起こしてしまうんです。

「英語の確認テスト不合格だった?」

「数学の確認テストも?」

「英数の特訓で金曜日に塾においで」

「ワーク点検間に合わないの?」

「明日の学校の宿題終わってない?」

とまあ、こんな感じで消化不良を起こして手詰まりになることも。

1教科指導を軸にしながら自習に来てもらって勉強に取り組む習慣を身につけ、まずは通知表5教科の1を消すことを目指してもらいます。

見事通知表の1を消すことが出来、塾の指導の流れに頑張ってついてきてくれていたならば、ようやく2教科指導も選択いただけるようにします。

塾が手とり足取り支えまくって見た目の点数だけ上がっても仕方ありませんからね。

すぐに1人で学ぶ日が来る。いずれ1人で学ぶ日が来る。

その時にしっかり1人で学ぶことが出来るよう、塾として最小限の力で支えていけたらと思っています。

こんな想いでこのルールを始めました。

「2教科受講でロケットスタート決めたかったのに!」なんてご家庭あるかもしれませんが、ご理解ご協力宜しくお願いします。

圧倒的な覚悟とやる気と体力がある子はこの限りではありません。ご相談ください♪

調べ物記事が続いたので自塾についてちょっと書いてみました。

今日はこのへんで。

それでは。

おかげさまで発売3か月弱で3刷重版出来!↓

旭丘・明和・向陽・菊里・瑞陵・千種・桜台の最新データ入りました!その他の高校も過去データ多数!↓

兵庫県伊丹市に伊丹校を開校しました!こちら!

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする