「覚えながら解く」ではなく「覚えてから解く」

IMG_4149

昨日のことです。

自習室を見て回っていると、中2Sさんが社会のワークに取り組んでいました。

ふと見ると横には教科書が開かれています。

これは禁断のテスト勉強「教科書を見ながらワークを埋める勉強」ですね。

なんてことでしょう。今日までしつこく指導してきたつもりでしたが、まだこんな勉強をしている子が自塾にいるのです。

私はSさんにそっと近づいて話しかけました。

「あのな、明日な、さくら個別のYoutubeチャンネルで新しい動画がUPされるんだけどな、是非君に見てほしいんだ」

「明日の内容はね、教科書見ながらワークはやっちゃダメだよって内容なんだよね(^^;)」

Sさんが口を挟みます。

「あー、先に覚えて教科書を閉じて問題集をやるってやつですよね」

君わかってるやん(;・∀・)

改めてその説明をSさんにします。そして「・・って、明日の動画でも言ってるからちゃんと見ておいてね。で、いいねって押しておいてね!」

Sさんは終始「わかってはいるんですけどね~。バツばっかりになるの嫌なんですよね~。とはいえ全部答えを写すのも気が引けるんですよね~」という顔をしていました(^^;)

Sさんの気持ちは理解できますけどね。切れ味良く少々危険覚悟で大胆なことを言うとですね、

「教科書を見ながらワークを埋めるような勉強は頭に残らず無駄だから、教科書で調べるぶんだけ時間がかかってタチが悪い」

「どうせズルするなら最短の時間で提出物を完成させるという目的を突き詰めて、解答を高速丸写しした方がよっぽどマシ!」

ですね。

決してズルを推奨してるわけじゃないですけからね。中途半端がいけません。中途半端な「勉強風ズル」な取り組みが大きな時間を奪います。

ズルをするなら真剣に高速で最短でやる。(←そしてそのズルの報いはしっかり受け止めろ!)

ガチでするなら覚えてからガチで解く!

この勉強のコツは何度言っても言い終える日は来ないでしょう。実際Sさんは知っていたけどやれていませんでしたからね。これをしつこく伝え続けるのが私の仕事ですからね。

さて、今日のYOUTUBEさくら個別チャンネルの更新はこの内容についてです。

中学生とその親に是非見てほしいです。なによりうちの生徒に一番に見てほしいからね!しっかり見てね!そしてチャンネル登録お願いね(´▽`)シツコイ

今日はこのへんで。

それでは。

3学期中間で過去最高順位をとってきたユウと後藤先生(´▽`)IMG_4149

ちなみに後藤先生は元生徒なんで、蟹江先生と撮ったこんな写真がPCにありました。さらに言うと蟹江先生も元生徒!!数珠つなぎですね(^^♪IMG_4148

動画でも情報発信中!YouTubeさくら個別チャンネル

ツイッターでも情報発信中!良かったらこちらから!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

2018年春入試のデータ順次入荷中!(尾張北部中心)

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市・北名古屋市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする