DaiGoの一番売れている本「超集中力」は年齢問わずおススメ!

IMG_9620

く年末年始、ちょっと出かけるとすぐに本屋に行きたくなります。どんな理由か忘れましたが、年末に立ち寄った書店でふと手に取った本を買ってきました。

買ってきた本はメンタリストDaiGoの本ですね。帯には40万部突破!なんて書いてます。

IMG_9620

「著者累計じゃないでしょうね?本当にこの本なんでしょうね?」なんてよく見てみましたが、どうやら本当にこの本が40万部も売れている様子。

一番売れているDaiGoの本とのこと。パラパラとめくってみて・・・買おうと決断。買って帰ってきました。

最近ユーチューバーとしても有名なDaiGoさん。話がとてもわかりやすいんですよね。YouTubeなんかは撮って編集無しで出てるのに凄く分かりやすい。

話がわかりやすいDaiGoさんは、基本的にいつも情報をその証拠をつけてお話してくれます。「アメリカ〇〇大の研究で明らかになってます」なんて。

この本をパラパラと開いて読んでみると、今までに読んできた様々な本に書いてあった集中力にまつわることを簡潔にわかりやすく並べてくれてます。

集中力を高めるのは青色だなんて書いあったのに沿ったのか、本の差し色と文字の強調は青色が使われてました。

また、より読みやすくすべく穏やかでゆるやかなイラストが多く添えられてました。

とても読みやすく、実行に移しやすい内容が沢山記載されてましたね。

集中力を持って物事に取り組まない人はそうそういません。年齢問わず、中高生でも参考になる良書でした。これは結構おススメですね。

自分を操る超集中力
自分を操る超集中力
posted with amazlet at 20.01.10
メンタリストDaiGo
かんき出版 (2016-05-27)
売り上げランキング: 947

さて、読み進めて行って、私がこりゃいいなぁと思った部分を1か所ご紹介。こんな記述の部分です。

本書147ページより抜粋してご紹介。

イギリスのエセックス大学の研究チームが行った調査によると、公園などの戸外の緑の中で5分間、身体を動かすだけで心身ともに大きなリフレッシュ効果を得られることがわかっています。

おおお!これいいじゃん!軽い森林浴「グリーンエクササイズ」なんて言うそうです。

さらに、この研究によると、散歩の時間を長くしても効果のほどはさほど変わらなかったとのこと。むしろ、運動を始めてから最初の5分で得られる刺激によって脳が感じていた疲れが取れていくこともわかっています。

最高じゃないか!塾の休憩時間で実行可能じゃないか(´▽`)

本書の中には座り過ぎは良くない。15分に一度は立ち上がろうなんて記述も。やっぱり血流って大事なんですね。

塾でも集中切れてきた生徒には休み時間に外を歩いてくるよう言いますし、眠気の強い子は立って勉強をするように指示してます。

これは大切だな。うちでもやろうやろう。

実際にうちの塾でグリーンエクササイズをやろうとすると・・・

塾の近くは駅前噴水広場に大きな木が植わってましたね。あれだ。あれを目指して、駅前コンビニに買い出しに行くのが立派なグリーンエクササイズでしょう(´▽`)

引き続き休憩時間の駅前コンビニへの買い出しをおススメして、生徒たちの血流を良くした状態で勉強に取り組んでもらいたいですね。

それにしても「15分に1度立ち上がれ」はどうしたものか( ゚Д゚)塾として取り入れづらい(;・∀・)

塾での実施は難しめですが、家庭では今日から行けますよね。立ち歩きながら暗記物をするなんて子もいるの聞いたことありますが、どうやら理にかなっていた様子。

家ではさっそく今日から適度に立ち歩いてみてくださいね♪

おススメ本のご紹介でした。

今日はこのへんで。

それでは。

ダイゴのGは大文字じゃぁ(ノブ風)IMG_9621

塾長國立の初出版書籍「勉強のキホン」全国書店にて好評発売中です!

小学生のうちに身につけたい! 「勉強」のキホン
國立 拓治
あさ出版 (2019-03-15)
売り上げランキング: 403

初めてこのブログにお越しいただいた方はこちら!

YouTubeチャンネルはこちら!ツイッターはこちら!

「友だち登録」でblog更新情報をLINEで通知します!

友だち追加

The following two tabs change content below.

國立拓治

愛知県岩倉市と兵庫県伊丹市にあるさくら個別指導学院の塾長。2005年より愛知の中学生親子の力になれるよう当ブログを毎日更新。2018年3月に月間50万PVを達成。学習塾ブログでPV数推測日本一に。休日は余談も発信!3度の飯より飯が好き。インドとビールと椅子も好き。詳しいプロフィールはこちら。
スポンサーリンク

フォローする